YOLOしく我が人生

躁鬱、不眠症、発達障害のせいでニートだったけど、ブログと投資を軸に徐々に人生が豊かになってきた旅行好き精神障害者のブログ

キャッシュレスはSuicaだけで十分という意見は首都圏の人間の一方的な価値観。QRコードは必要

   

Suicaは首都圏で生活する上で絶対に欠かせないツールであり、日頃から電車にバスにお買い物にと使用されている方も多いでしょう。

特にすごいのは決済速度の異常なまでの早さ。タッチしたら瞬時に決済が済むあの手早さは非常に心地よいものがあります。

首都圏はSuica天国であり、飲食店だろうとそこら辺に置いてある自動販売機だろうといたる所でSuicaが使えるものですから、時々こういう意見を見ます。

もうキャッシュレスなんてSuicaだけでいい。QRコード決済なんか技術が後退している、Suicaの技術は素晴らしい、だからQRは要らない」と。

しかし、それは全くの見当違いな意見です。Suicaももちろんこれからも必要ですし使われていくべきものですが、同時にQRコード決済もまた普及されるべきなのです。

 

そもそもSuicaだけで十分という意見は首都圏の人間の一方的な価値観

Suicaで十分とかキャッシュレス手段はSuicaだけでいいという意見は5chでもツイッターでも多数見かけます。

しかし断言します、それを言っている人は九分九厘首都圏に住んでいる人間の、地方の事情を無視した一方的な意見でしかありません。

首都圏に住んでいると、本当にどこでもSuicaが使えるからあたかもSuicaは万能なキャッシュレス手段なんだという錯覚を受けてしまいます

しかし、地方でSuicaの出番は非常に限られています。まず使えるシーンが電車・バスかコンビニくらいのもの。そしてそもそも地方は車社会だから電車やバスに乗らない。

加えて地方だと電車やバスがSuicaに非対応ということが往々にしてあります。

だから地方に住んでいる人間にとって都合のいいキャッシュレス手段は、どれだけ生活の利便性に直結するかで決まります。

そうなると地方人によく使われる電子マネーはSuicaではなくWAONです。地方はイオンモールやマックスバリュで買い物する機会が多いですし、ポイントもたまりますから。

使う機会がほとんど無い上に、ポイントも付かないSuicaなど地方ではほぼ何の役にも立たないのです。

 

Suicaは電車・バスに乗ることに特化されたツールであり、買い物の決済手段として使うことを想定されていない

さて、Suicaとはとどのつまり交通系ICカードということで、電車やバスの乗車に特化されたツールだと言えるわけです。

Suicaで買い物が出来るというのはあくまで副次的な機能であり、メインは電車の運賃を払うことを主として作られたICカードです。

電車で近距離を移動することを目的として作られたツールですから、Suicaのチャージ上限額は2万円です。

Suicaで運賃が2万円を超える長距離を移動することは常識的に考えてあり得ませんから、上限が2万でも十分なのでしょう。(ちなみにWAONの上限は5万円)

2万円あれば電車に乗るには十分かもしれませんが、当然普段遣いの買い物には不便でしょう。あまりにも上限額が低すぎます、頻繁なチャージが必要になってくるのでSuicaは買い物の手段としては非常に不適です。

更にSuicaにはポイント還元というものがありません。あるとすればクレジットでSuicaチャージした時のクレジットポイントが間接的に付与されるくらいのものでしょう。

結論づけると、Suicaで買い物をするというのは何も得なことが無いから、非常に損なわけです。

現金かSuicaしか使えないシーンだったらそりゃあSuicaは使いますよ、Suicaの方が決済がスピーディですからね。

しかし、現金かSuicaの二択を迫られるシーンというのはほとんど無いんですよね。Suicaが使える店舗って大抵他のキャッシュレス手段も使えますので。

あるとすれば、Suicaしか使えない自動販売機、駅のキオスク、駅ナカの飲食店の食券機なんかですね。駅ナカの食券機はSuicaのみってところ多いですね!

まぁそれは鉄道駅だから鉄道会社がSuicaを使わせたい意図があるので当然のことではあるのですが。

とにかく、Suicaで買い物は何もポイントが付かなくて損なので出来る限り避けるべきことなんです。Suicaの使用は電車とバスに乗る時に限定して、それ以外は違うキャッシュレス手段を使うべきというのが私の持論です。

 

QRコード決済はSuicaの下位互換なんかではない

Suicaの技術は確かに素晴らしいです、あの一瞬で済んでしまう決済スピード。

しかしそれは、首都圏の物凄い通勤・帰宅ラッシュ時の混雑において大量の人間の改札通過を捌くためにあの決済スピードが求められたに過ぎず、買い物での便利さを想定して作ってるわけではありません。

別にちょっと面倒でもいいではありませんか。QRコード決済はスマホを起動して、更にアプリも起動するプロセスが面倒だとよく言われます。

しかしそれくらい許容出来るとは思いませんか。ちょっとレジに行く前に事前にアプリを開いておけばいいだけのことではありませんか。

実際QRコード決済はポイント還元が美味しくてお得なのですから、私はむしろ使わない理由こそ無いだろうと思います。得なことは事実なのですから、拒む理由が私にはわかりません。

小銭をジャラジャラさせることも無く、お釣りを受け取ることも無いから現金よりは早いし、レジ係の立場でもキャッシュレスで支払われた方が楽で有り難いと思われています。現金払いはレジ係の余計な手間を増やす迷惑者なのです。

また、QRコードのもう一つの利点はレジシステムを改修する必要が無いということなんですよ。ここを見落としている人が多いです。

なにせQRコードを新たに置くだけ、これでキャッシュレス手段の追加が完了します。そりゃあ個人店とかは導入するわけですよ、導入コストがほとんどありませんから。

Suicaを導入しようと思ったら機器に莫大なコストがかかりますよ。だからSuicaは今後の普及スピードでは絶対にQRコードには勝てないですね。

事実、地方においては出番が無いSuicaと比較してもQRコード決済は使える店が続々と増えています

新しいものを拒んではいけない。何が流行るかわからない

キャッシュレス手段に選択肢が増えることは何も悪いことではありません。Suicaさえあればそれでいいと言うのは早計であり、新しいものを拒むべきでもないのです。

例えばiPhoneが日本に初上陸した時、「こんなものは絶対流行らない、日本製のガラケーの方が便利だ」という意見が大半で、スマホという新しい存在に日本人は懐疑的でした。あの聡明なひろゆき氏ですら日本でiPhoneは流行らないと当時言っていたのです。

しかし今はご覧の通りスマホは完全にガラケーを駆逐しました

近い将来、QRコード決済が従来の電子マネーを駆逐する未来もあるかもしれません。

関連記事 

スポンサーリンク