YOLOしく我が人生

躁鬱、不眠症、発達障害のせいでニートだったけどブログと投資を軸に金融リテラシーが向上してきた旅行好きの精神障害者のブログ

スポーツ観戦は勝利至上主義に走らない方がいい

   

ほどほどにスポーツが好きなジェルミです。見ていて好きな競技は野球、サッカー、バスケくらいですかね。しかしながら、私が一番好きなことはネットサーフィンですので、ネットとスポーツを天秤にかけるならネットを選ぶというその程度の熱です。ですから私は基本的に、PCをしながらチラチラと試合を見ているのですがそんな私が考えるスポーツ観戦に関するお話でもしたいと思います。

スポーツ観戦は非生産的とか無駄とか言う意見もありますがそんなことはありません、そもそも趣味というのは押しなべて無意味なものです、趣味に生産性を求めるのはナンセンスでしょう。ライト層である私の立場でもスポーツ観戦は楽しいと思います。それはやはりアスリートの常人では決して真似することの出来ないパフォーマンスを見せてくれることに熱狂し、感動を与えてくれるからでしょう。

勝利至上主義にだけは走らない方がいい

しかしながら、私がわからないのは勝利至上主義なところです。これは私が熱狂的じゃないからこんな価値観なのかもしれませんが、スポーツというのは常に勝つことは絶対に不可能です、勝者と敗者が存在する以上負ける日も必ずあります。そんな時イライラしたりブチ切れたりしている人はリアルにも居れば5ちゃんねる、ツイッターのようなネット上でも多々見ることが出来るのですが、なぜそこまで真剣に怒れるのかがわかりません。勝敗の結果で顔を赤くしたり青くしたりしないで、「あー今日は勝てたね、良かった、ナイスファイト」「あー今日は負けちゃっか、まぁこんな日もあるよね、次の試合は頑張ってね」くらいの感情ではダメなのでしょうか。まぁ私はこんな風でも熱狂的なファンはそれじゃダメなのでしょう。色々な人がいます、そういう人がいるのもまた理解していますが、少なくとも私にはそれほど熱くはなれないのですね。

また、自チームのことばかり考えていることも少々問題でしょう。スポーツというのは対戦相手が居て初めて成り立つものです、ですので対戦相手に対するリスペクトを忘れてはいけません。負けてしまった時は、負けた側のチームを非難することもいいのですが同時に相手チームの栄誉も讃える必要があるでしょう、それがスポーツマンシップというものではないでしょうか。サッカーとかテニスとか、勝敗が決した時は握手したりハグして互いを讃え合っていますよね。

プロ野球はいちいち握手しませんけどね、あれは一塁側と三塁側ベンチが離れているのと、シーズンを通じて140試合以上も試合をするから毎回握手するのは手間ということと、試合前に挨拶は既に交わしているからだと思われます。

あと、相手を褒めるということも大切です。今のプレイは相手を褒めるしか無いというようなファインプレイがあります、そういう場合、悔しがるのではなく賛辞を送ることも大切でしょう。

何れにせよ、あまりカリカリしすぎるのは精神衛生上よくないと思うんですよね。勝った時は嬉しくても、負けた時は滅茶苦茶イライラしてたらなんだか人生の幸福度が下がりそうです。そこまでスポーツに自己投影する必要あるの?って問いたくなります。

 

意外と現地観戦してる私

こんな私でも、一応現地観戦もするんですよ。旅行が趣味なもので、その一環とも言うべきでしょうか。主に野球を年に数試合程度見に行きます。12球団の本拠地の中で、札幌ドームとヤフオクドームとほっともっとフィールド神戸以外は全て行きました。ちなみに日本ハムが新球場を作ったら絶対行きますよ、あれはイメージ図を見ただけでも絶対素晴らしいボールパークだと確信が持てますからね。あれが完成すれば間違いなく日本一素晴らしいプロ野球の本拠地は北広島のあれになります。

あとはバスケのBリーグも年1試合観るかどうかですけど行く時もあります。Jリーグの観戦経験は無いのですが、機会を見つけて行ってみたいですね。どのクラブでもいいのですが、せっかく行くならやはり観客動員数が断トツで応援に迫力のある浦和が観たいなと考えています。

本当にチームのことが好きならお金を落として貢献しよう

このように、勝っても負けてもそんなに気にしないライト層ですが、微小ながらもチームにお金は落としています。思うのですが、負けてガチギレするほど熱狂的なファンってちゃんとチームの売上に貢献してるんですかね?まさかテレビ観戦してるだけで観戦チケットもグッズもロクに買わずお金を落とさないなんてことはあるんでしょうか。金は出さないが口は出す、これは一番嫌われることなんですよね。口出ししたかったら、それ相応の対価を支払うべきでは無いでしょうか。私は私で、少しでもスポーツチームの売上に貢献するとします。

 

今回は大まかなスポーツ観戦論なんてものを大層に論じてみましたが、これが私なりの考えです。次はより細かく競技ごとに語っていきたいですね。あと最近流行りのe-Sports、あれに関しても意見を述べます。私はe-Sportsを肯定的に見ていますが、否定的な意見も多いので。まぁそれはまた別件で。
ではスポーツ観戦ライト層のジェルミが考えるスポーツ観戦論でした。 

関連記事