YOLOしく我が人生

躁鬱、不眠症、発達障害のせいでニートだったけどブログと投資を軸に金融リテラシーが向上してきた精神障害者のブログ

お洒落で実用的なオススメ耳栓、Quietideを買ってみたレビュー

   

睡眠障害を患っている私は騒音には敏感でして、耳栓の存在は重要だと思うわけです。

睡眠障害以外にも、パチンコ、ゲーセン、音楽フェスなど騒音の大きな環境によく行く人にとっても聴覚保護は重要です。

私は寝付きが悪く、どこでも眠れるタイプの人間ではありません。学校で授業中寝ている人がいましたが、私はそれはやりたくても出来ないんですね。

夜行バスに一度だけ乗ったことがありますが、エンジン音のせいでほとんど眠れませんでしたね。

これじゃあ、海外旅行で長時間のフライトで寝るなんて絶対無理じゃないかなと推察しています。

国内線の飛行機は時々乗りますが、このエンジン音の中寝るのは絶対無理だろうって確信してます。

さて、それはさておきAmazonで良い耳栓は無いかなと探していたところ自分なりに一番良いと思って購入し、気に入った商品があるので紹介します。

メーカー名はQuietide。最初どう読むかわからなかったのですが、よく見るとQuietの単語が含まれているので「クワイエタイド」ですね。

quiet(静かな)+tide(潮流)を合わせた造語です。

ググっても、このQuietideの耳栓をレビューしたブログがほとんどヒットしなかったため、この記事でQuietideの耳栓を知ってもらい、皆様のお役に立てれば幸いです。

 

沢山の選択肢の中からこの商品を選んだ理由とは

一言に耳栓と言っても、Amazonで検索すると似たような製品は沢山出てきます。正直私はこの沢山の選択肢の中からどれを選べばいいかは迷いました。

決め手になったのは値段がそんなに高くないこと、水洗いして繰り返し使えること、専用ケースがかっこよくキーホルダーのように鞄に付けられること、失っても大丈夫なように予備でもう一つ耳栓が付いていたからという理由でした。

水洗いして繰り返し使えるという点はかなり重要ですよ。安い耳栓ってウレタン製で劣化していく使い捨て商品なわけですよ。

しかしこれはちょっと高い分、水洗いで繰り返し使えるので長期的に見て大事に使えば結果的にお得です。

色々モデルがあって迷ったのですが、私が購入したのはこちらです。日本人向けという文字にも惹かれました、型番はQ5ということでいいのでしょうか。

型番が色々あるのですが、上記リンクのこの商品がサイズが日本人の外耳道に合わせているらしく、一番買って満足いくかなと思ったのです。

 

中身と商品サイズ、専用ケースはこんな感じ

中身や説明書はこんな感じですね。思った以上に小さくて、邪魔にならないので旅行にもおすすめですね。

夜行バスや飛行機に乗る時はもちろん、普段と環境の違うホテルで寝る時も念の為着用すると良いでしょう。環境が変わると意外と眠れない時もあるし、隣の宿泊者がうるさい、外で朝から工事をしているという可能性もありますので。

f:id:Germii:20190727144558j:image

この耳栓は小さいため、眠っている間に失ってしまうことも考えられるので、3つ入っているのは地味に嬉しい。とは言え、安物よりは耳から取れにくいとのこと。

f:id:Germii:20190727144606j:image

大きさは縦に硬貨2個分程度。円筒の円の直径は一円玉とほぼ完全に同サイズ。

f:id:Germii:20190727144642j:image

ネジ式に回して、この様に中に耳栓を収納出来ます。

f:id:Germii:20190727144837j:image

このように鞄にファッショナブルに付けたり

f:id:Germii:20190727144931j:image

外に付けるのは遺失が怖いので、鞄内部のファスナーに付けてみました。個人的にはこれが一番安全で良いかと思います。

f:id:Germii:20190727144944j:image

或いはこのようにジーンズに付けるのもいいですね。

f:id:Germii:20190727144948j:image

スポンサーリンク

 

外国製だが日本語の説明書も添付

海外製品ですが、日本語の説明書も入っていました。

これはAmazonの製品ページにも同じようなことが書かれているのですが、良いことを言っているので読んでみましょう。

f:id:Germii:20190727150055j:image

f:id:Germii:20190727150107j:image

 ということです。Amazonページにも同じことが書かれているのですが

【聴覚保護とその重要性】
現代人の多くは、生活・仕事環境による騒音、大型フェスやライブ、クラブやイベントによる大音量、また音楽プレーヤーの普及も重なり、若い世代から難聴や音響障害になる危険性は増えております。断続的に80dB以上の騒音にさらされていると、一時的な外傷から障害を感知しない難聴に発展。さらには、様々な心身症を引き起こすケースがあります。日本国内は、欧米と比べてもまだ聴覚保護に対する意識が少ないようですが、若者における音響障害は増加傾向にあります。 

 なるほど確かに、日本は聴覚保護の意識が少ないですよね。突発性難聴って本当に突然なって、すぐに耳鼻科に行って早期治療をしないと聴こえなくなってヤバいんですよねあれ。

ヘッドフォンやイヤフォンで大音量で音楽を聴き続けるのも良くないことだと知られています。

普段耳栓をしていないとあまり意識しないんですが、耳栓すると雑音がカットされてすごく落ち着くんですよね。だから耳栓を外した時結構雑音が不快に感じます。

いいものですよ耳栓。皆様もこういうのどうでしょうか。集中力が増して仕事の能率も上がりそうですよね。

 

耳栓を必要とする機会、あれば良かったと思ったケースは多い

私の場合たまたまAmazonポイントが貯まったので良い機会だから買ったのですが、正直もっと早く欲しかったですね。

例えば先日旅行した時、たまたまホテルの近くでビル建設の工事があったんですね。ホテルって大抵街の中心にあるじゃないですか、だから閑静な住宅街では想定出来ないような騒音があったりします。

こっちは朝9時まで寝ていたかったのに、工事は8時から出来るものだから8時に起こされちゃったりね…あれは耳栓があればなと思いましたね。

それからカプセルホテルなんて特に要りますね。カプセルホテルは遮音性なんて皆無ですので、他人の咳や屁の音まで聞こえてしまいます。

それで、長く寝ていたいのに他人のアラームで起こされてしまうということが多々あります。

もちろんカプセルホテルは備え付きの耳栓を置いてくれていますが、安物の使い捨てウレタン製なんですよね。

あと、主婦が夫のいびきがうるさくて眠れないからこういう良い耳栓を買ったらよく眠れるようになったというレビューも書かれていますね。

職業によっては、耳栓は大いに自分を助けてくれるだろう

仕事においても耳栓は効力を発揮します。

雑音を遮断してくれる耳栓は結構集中力を高めてくれて、仕事が捗るのです。

私はブログをこうして日々書いておりますが、耳栓を付けてブログを書いていると結構執筆に集中出来ますね。ほとんどのオフィスワーカーの方は持っていても損は無いのではないでしょうか。

何せこの専用ケースがかっこよくて機能的ですから、日々会社に持って行っても失わないから良いですよね。

あと特に恩恵を受けるのはミュージシャンなど音楽関連のお仕事や工事現場で働く人など。騒音はうるさいけど、職業の都合上どうしても騒音は避けられないという人にはうってつけでしょう。

 

旅行、仕事、睡眠と幅広く使える耳栓。これからは聴覚保護の意識改革を

先述したように、日本はまだまだ聴覚保護の意識が低いようです。日本は色々健康意識が低いことを嘆いています。例えばデンタルケアの意識も低いですね。

結局日本というのは国民皆保険のおかげで医療費がある程度安いので、病気になってから病院にかかればいいと考えていて、事前に病気を予防するという観念に欠けているという傾向があります。

聴覚保護はあまり人々は意識していない人も多いかと思われます。まさか自分が難聴になるなんてとお思いの方も多いでしょう。

聴覚保護はまぁ副次的な要素ですが、私は睡眠障害とブログ執筆の能率アップの助けに少しでもなればいいと思いこの商品を買いました。

今のところこの耳栓を付けてブログを書いてますがいい感じです、つけ心地は抜群に良いです。遮音性能に関しては、書かれている通り-30デシベルだそうですね。

私は神経質なタイプなので、これからは旅行にも常に持っていきます。泊まったホテルがどんな環境か分かりませんからね。

神経質な方や、少しでも音に悩んでいる方は是非検討してみてください。