YOLOしく我が人生

不眠症と発達障害のせいでニートやってるけどこのままじゃいけないと思い立ち色々頑張ってる精神障害者のブログ

様々な問題により野球の競技人口は減少の一途。少年野球の底質な指導に問題も

 近頃の日本は娯楽の多様化やサッカー人気の高まりもあって昔に比べて野球は国民的なスポーツとは呼ばれなくなりましたが、それでも依然として日本ではプロ野球、高校野球共に人気があります。私も野球という競技はまぁまぁ好きなんですが、嫌いなところもあります。そんな私の野球観を書いていこうと思います。

無関心とコア層に二分化した野球


娯楽の少なかった昔は野球と言えば国民的スポーツであり大衆娯楽でした。それが今では娯楽の多様化やサッカーなど他のスポーツの人気の高まりもあって必ずしも野球は日本人にとって欠かせない存在とは言えなくなってきました。

実際視聴率が取れないものだから地上波放送は激減し、野球を見るなら有料放送でお金を払って見るのが当たり前になりました。だから野球に無関心な人、複雑である野球のルールがわからない人が増えました。嘘か真か、学校の教師が体育の授業で打球を放った直後三塁に向かって走り出したという話まで聞きました。

企業努力による新規ファン層の獲得とパリーグの人気向上

人気低迷を危惧したプロ野球界は、従来の客層である成人男性や中高年男性だけでなく子供、女性やファミリー層を取り込もうと各球団様々な企業努力やファンサービスをしました。結果として、今の野球場には昔と比べて随分と若い女性や子供が増えました。

特に昔は不人気だったパリーグが地元密着を中心とした営業戦略だったり、インターネットの発達で気軽にパリーグの情報も掴めるようになったことも後押ししてパリーグの観客動員数が飛躍的に伸びました

更に今ではDAZNやパリーグTV、Abemaなどインターネットで試合を観ることが出来ます、これもまた野球ファン増加の一因でしょう。特にAbemaは無料で見れます。ですので今のプロ野球観客動員数というのは、人気が低迷しているように見えて実は動員数は右肩上がりなのです。これは数字が証明しているのでデータを貼っておきます。

プロ野球観客動員リポート ファンを惹き付ける5つの要素 | Baseball LAB[ベースボールラボ]プロ野球×データ

昔に比べて観客動員数が増加した要因の一つとしてクライマックスシリーズの存在も大きいと思われます、これによって消化試合が激減しましたからね。このことは別でCS制度の必要性を記事に書いてあるので合わせて一読いただければ幸いです。

動員数が右肩上がりなことは数字が証明していても、周りには野球に無関心な人も多いと思われます、特に最近の子供や若年層にはやはり欧州サッカーの人気が高く、街中に出ればレアル・マドリーやバルセロナなどビッグクラブのTシャツを来た子供をよく見かけます。逆に日本の12球団の野球帽を被っている人はあまり見かけません。(ヤンキースやドジャーズなどMLB球団の帽子はファッショナブルでたまに見ますが)

しかし、相変わらず球場には多くの人々が足を運び5ちゃんねるやツイッターを見れば毎日野球の実況で盛り上がっています。つまり、今の日本人は野球に全くの無関心な人間とコアな人間の層でくっきりと分かれていて、私のような年に数回程度球場に行くライト層が減ってきているのだと考えられます。そして球界は、このライト層を如何にして取り込みコア層化させるかで様々な趣向を凝らしたファンサービスや地域への周知活動を徹底して行っているのです。

 

高校野球の功罪

高校野球もまた、毎年夏になると盛り上がりますね。戦前はプロ野球より学生野球の方が人気があったのです。記念すべき第100回高校野球大会は金足農業高校が特に話題になりました。一方で真夏の炎天下で熱中症のリスクもある中、身体も出来上がっていない高校生に何百球という球数を投げさせる日本の高校野球は児童虐待であり、クレイジーだと国内外を問わず批判も強いですね。

私も正直高校野球は、甲子園に憧れを抱く高校球児を利用した利権が深く絡んだビジネスであり、負の側面が強いと考えています。しかし甲子園のブランド力は強く、また高野連がこの問題を直視しているとは言い難く、悪しき風習が改善するにはあと何年かかるのかと私は諦観の眼差しを向けています。何れにせよ、プロ野球と同等に人気を誇っているのは事実です。

競技人口の低下も深刻な問題


野球の競技人口が減り続けていることはもはや有名な話です。やはり最近の子供がプレイするのはサッカーでしょう。野球は道具を揃えるのにお金がかかり家計を圧迫するということ、ユニフォームがすぐ土まみれになることから母親は洗濯が大変ということを考えると親としてはなるべく子供には野球をやらせたくない事情もあるわけです。サッカーはプレイに必要な道具はユニフォーム、スパイク、ソックス、レガース程度で低コスト、手軽さの面で優れています。近年の若年層の平均世帯収入の低さを考えれば野球をやらせたくない気持ちは十分にわかります。

野球を楽しんでやるという空気が醸成されていない

また、少年野球や中高の野球部指導者も問題点であり、日本の野球指導者は軍隊的で未だスパルタで体罰や罵声を飛ばす低質な指導者が跋扈しています。野球少年は苦しそうに野球をしているのに対し、サッカー少年は楽しみながらサッカーをしている風に見受けられます、スポーツは本来楽しむためにあるものです、野球は子供の頃から勝利主義に走り指導が厳しく、それでいて指導能力が低い。私は野球のそういう部分が好きになれません。

坊主強制なのも前時代的であり、このせいで野球をしたがらずサッカー等他競技に流れる子供も多いでしょう。競技人口の低下は、自分達で撒いた種なのです。今プロとして活躍しているプロ野球選手は、坊主強制、子供の頃からの厳しい指導、理不尽なシゴキ、体罰、先輩からの後輩いびりと様々な苦痛に耐え抜いてきて今があるのであって、これらに耐えられず野球部を辞めた子は数多くいるはずです。これは野球界にとって大きな損失です。それでも野球選手が多いように感じるのは所謂生存バイアスです。野球の体質を変えていかないとどんどん競技人口は低下し、やがてプロ野球のレベルも下がっていくでしょう。今はまだ良くても、何も手を打たなければ数十年後は深刻な状態になっていると思われます。 

関連記事

 

なんでも時短な世の中


地上波放送が無くなったから人気が低下したのか、視聴率が低下したから地上波放送が無くなったのか。卵が先か鶏が先か問題ですがいずれにせよ野球を見ない人は多くなりました。思うに、これは最近の世の中は何でも時短が求められていることが挙げられます。

例えばゲームでも長時間がっつりプレイするようなロールプレイングゲームやネトゲのMMOはもう流行らず、今はスキマ時間でスマホゲーをポチポチやる方が需要が高いわけです。現代人は学生も社会人も忙しいですからね、長時間労働が問題視される世の中です、娯楽にそんな長い時間はかけられないのです。

そして野球はプレイ時間が約3時間と長い、しかも年間140試合以上ある。これは時短が求められる現代にマッチしない趣味と言わざるを得ません。サッカーは週に1、2試合程度で、ハーフタイム込みで2時間で必ず終わります。野球はいつ終わるかわからないというのも欠点でしょう。そりゃあ今時の若者がサッカーに流れるのも頷けます。

 いつまで続くか、球界の歪な構造


このように野球には多くの問題点が孕んでいます。今は観客動員数が右肩上がりで盛り上がっていていいかもしれません、今後もこの好調は続くでしょう。しかし、競技人口は着実に減り続けていて、このままいけばスター選手は供給されなくなりプロ野球のレベルが低下し魅力も落ちていくかもしれません。競技人口、視聴率、地上波放送は減り続け、観客動員数だけが増えているこの球界が抱える歪な問題、難しいものです。これから日本の野球はどうなっていくのでしょうか。

問題点を随分と批判しましたが、これは多方面で言われていることを羅列しただけであり、これでも私は一応野球を見ること自体は好きと付け加えておきます。好きだからこそ、体質改善を願っています。