YOLOしく我が人生

躁鬱、不眠症、発達障害のせいでニートだったけどブログと投資を軸に金融リテラシーが向上してきた旅行好きの精神障害者のブログ

オタクは何故鉄道オタク兼業者が多いのか?

   

日本は世界でも屈指の鉄道大国であり、世界の駅乗降客数ランキングでは上位20くらいは日本が独占していたはずです。

時刻表ぴったりに電車がやってくるのも日本人にとっては当たり前のことでも外国人から見れば驚くべきことで、外国では電車なんて遅れて当然のもので、10分とか15分くらいの遅延は定刻扱いだそうです。このように日本の鉄道網のシステム構築は世界的に見ても素晴らしいものであり、それに魅せられる人も多くなります。ですので日本はどこにでも鉄道オタクが居る印象ですね。

ツイッターをやってたらいつの間にか鉄オタだらけだった

私はツイッターをやっていて、なんとなく気が合うと思ったからその人をフォローするわけです、別に鉄道オタクだからフォローしたつもりはありません。にもかかわらず、フォローしてしばらくしてその人のことを知るようになると中身は鉄道オタクを兼業していたというのはしょっちゅうで、結果的にタイムラインには、意図して鉄道オタクをフォローしたつもりは無いのにかなりの鉄道オタクがいらっしゃるということが発生するわけです。これは多くのツイッターユーザが経験している事象なのではないでしょうか。

車・バイク乗りと比べても圧倒的に多い

 電車と対になる存在はやはり自動車やバイクだと思うのですが、こちらは非常に少ないわけですね。個人的な印象ですが、車やバイクのオタクは自分の愛車をツイッターアイコンに設定している方が圧倒的に多いと思います、まぁ愛車をアイコンにするのは当然の心理だとは思いますが。で、私は車やバイクには興味が無いのでそういうアイコンの方はフォローしないと。そして、例えばアニメアイコンの方をフォローするじゃないですか、プロフィールには鉄道が好きとか書いてないんですよ、それでもその人は鉄道オタクってことがざらにあるんですよね。これは本当に不思議なことだなといつも思っています。

多分都市部に人口が集中しているからだと考えている

私の考えですが、無作為にツイッターで人をフォローするとその人は必然的に都市部に住んでいる確率が高いわけです。国民の大半は大都市やその衛星都市に住んでいますからね。特に首都圏人口は合計すると日本総人口の約1/4です。そうすると、都市部は電車社会ですので車やバイクよりも電車に興味を持つ方が多くなるのではないかと考えています。首都圏では車が持ちにくいですし、今時の若者は車バイクに無関心になりましたしそもそもお金が無く維持費を確保できませんものね。免許を取るにもマシンを買うにも、何をするにも車バイクはお金がかかりますよね。

 

鉄道は敷居が低くて間口が広く、それでいて奥が深い

趣味って色々あると思うのですが、敷居の低さや参入障壁は大きな問題です。例えば野球ファンというのは、もちろんテレビでいくらでも見ることは出来るのですが、やはりコアなファンや生きがいにしていこうと思ったらどうしても野球場に気軽に足を運べるような場所に住んでいる必要があるでしょう。そうなってくるとプロ野球の本拠地球場から遠い場所に住んでいる人は不利であり、気が向いたときにふらっと球場に行ける人とはどうしても差が生まれてしまいます。

ディズニーのコアファンは、浦安に気軽にアクセス出来る首都圏の人間ならTDRの年パスを購入して何回でも行くことが出来ますが遠方の人間にはキツいでしょう。このように野球にせよディズニーにせよ、特定の娯楽を楽しむにあたって住んでいる場所が目的地まで遠いことによってその趣味を最大限楽しめないといったことが起こってきます。

鉄道は身近な存在でどこに住んでいても趣味にしやすい

例に挙げた野球やディズニーと比較して、鉄道は非常に身近な存在であり、もちろん鉄道の通っていない地域もありますが基本的に日本にはくまなく鉄道網が敷かれておりどこに住んでいても気軽に鉄道を見ることが出来る人が大半ではないでしょうか。そして車バイクと違い、乗車券を買うだけで乗ることが出来るのはお金がかからなくて趣味として始めるには障壁が低いです。前述した野球もディズニーもそれなりにチケットにお金がかかりますからね。

もちろん撮り鉄を極めるとなると撮影機材にお金を使いますが、今はスマホもありますし、実際スマホで電車の写真を撮っている人は駅でよく見かけますね。電車の車体を撮るだけなら入場券を購入するだけですからね。他の乗り物と比べれば圧倒的に鉄道はとっつきやすい、これが鉄道オタクが多い理由ではないでしょうか。乗り物と言えば、飛行機や船という存在もありますがこれらも身近ではないですよね。船や飛行機が就航している港、空港の場所は限られており、気軽さや身近さで言えば鉄道駅の比ではありません。そして船も飛行機も値段が高いことは言うまでもありませんね。

 

つまり潜在的に日本人は鉄オタが多いだけだった?

これらのことを総合的に勘案すると、オタクに鉄オタ兼業者が多いのではなく、潜在的に日本人は鉄道好きの確率が高いというだけという仮説を立てることができます。これまで私はアニメオタクは鉄道オタクも兼ねていることが多いというイメージを持ってきました。しかしそうではなく、鉄道は日本人にとって非常に身近な存在でそれでいて奥が深いので、ハマってしまう人が多いのだろうなと考えるようになりました。

有名な話ですが鉄道オタクというのは一言で鉄オタと言っても様々な派閥に分かれていますよね、撮り鉄とか乗り鉄とか模型鉄とか時刻表鉄とか音鉄とか。切符や駅スタンプのコレクターも居ますね。本当に鉄道は奥が深いです、私も鉄道はまぁ好きな方なのですが、鉄道オタクの境地に至ることは出来ませんね。

鉄道に詳しくはないけど鉄道のうんちくを聞くことは好きだ

彼らの豊富な知識と対等に会話するのは不可能であり、私はうんちくを聞くことに徹することしか出来ません。しかし私は鉄オタの幅広い知識を聞かせてもらうことは好きですよ。純粋に勉強になりますし、彼らのうんちくは聞いていて楽しいと私は思います。某有名鉄道系YouTuberさんの動画も私は毎日見てますよ。ピンと来る方も多いでしょう。

もちろん、その鉄道のうんちくを聞かされることに辟易する人もいるのであまり鉄オタの方々は熱くなりすぎないように人を選んで注意してくださいね。特に女性は鉄道に無関心な場合も多いので自制するようにするといいかもしれません。

ただ重箱の隅をつつく鉄オタはちょっと勘弁して!

ただ一つだけ鉄道オタクに言いたいことがあるんですが、気動車のことを電車と言ったくらいで目くじら立てないでください!私もね、一応ちょっとは知識がありますからこれは電化している電車でこれは非電化の気動車という区別はつくんです。でも、普通の人は便宜上鉄道=電車と表現する人が圧倒的多数なわけです。もちろん例外はいます、徳島県は電化率0%で気動車しか走っていないので鉄道を走る車体のことを汽車と呼びますし、北海道民は非電化であるJRのことを汽車、電化された札幌市電や札幌市営地下鉄、函館市電を電車と呼び分けていることは存じております。

それでも、今時電車のことを汽車と呼ぶような人はもはや絶滅危惧種なわけですよ。私自身も、電車と気動車が混在する地域に住んでいます。しかしながら、周りの人は全員気動車のことも便宜上電車と表現します。むしろそういう知識が無い人も多いものですから、ディーゼルで動いていることすら知らない人も多いです、鉄道=電車という認識なのです。私も今でこそこうして知識がありますが、高校生の時とか普通に気動車のことは電車と呼んでいましたからね。そして今も頭の中では気動車だとわかっているのですが、わざわざ区別する必要性を感じないのであえて気動車のことも電車と呼んでいます。その方が会話の中でスムーズに伝わるからです。

だから鉄道オタクの皆さんは、ちょっとくらい気動車のことを電車と呼んでも我慢していだだけないでしょうか。

 

鉄道会社には今後共頑張ってもらいたい

大昔は長距離移動と言えば鉄道以外の選択肢がありませんでした。しかし、モータリゼーションが起こってから自家用車を使う人が増え、更に高速バス網が発達しLCCの台頭で飛行機が一般人にも気軽に乗れるようになり、鉄道は長距離を移動する上で必ずしも必要な存在ではなくなりました。東京~博多のような長距離なら飛行機の方が早くて安いですし、高速バスは遅いですが新幹線以上に安価での移動が可能です。

それを証明するかのように、昔は沢山あった寝台列車が次々と姿を消し、今ではサンライズ瀬戸・出雲を残すのみとなりました。鉄道オタクにとっては寂しいことかもしれませんが、寝台列車は遅い上に高い。一般層には需要が無く鉄オタ以外には乗りたいと思わせられるだけの魅力を訴求できないのです。現に私もサンライズに乗るくらいなら東海道新幹線でいいわって考えるタイプですし…。

鉄道は選択肢の一部に成り下がったが、今もなお多くの人に愛されている

しかし、鉄道には鉄道の魅力やメリットがありますし、私は旅行が趣味ですが基本的に電車がほとんどですね。ペーパードライバーですので車で長距離運転は絶対出来ませんし、夜行バスは睡眠障害を持つ私には乗れませんので。鉄道はなんといっても定時性に優れており、大量輸送出来るのがいいですよね。飛行機と違って予約無しで気軽に乗れるのは大量輸送が可能だからですし、渋滞が無いのでほぼ確実に予定時刻に目的地に到着出来ます

高速バス、自家用車、飛行機と移動手段にライバルが多い鉄道ですが、我々国民には欠かせないインフラであり、無くては困るものです。今年はJR西日本三江線が廃線になり、来年2019年にはJR北海道石勝線夕張支線が廃線の予定です。次々と赤字ローカル線が廃止されていき鉄道はますます厳しさを増していきますが、それでも日々我々利用者を安全・迅速・確実に目的地に送り届けてくれる鉄道には本当に感謝しなくてはいけませんね。いつもお勤めなさっている駅員さんには感謝の気持ちでいっぱいです。