YOLOしく我が人生

ブログで文章力鍛えて自己研鑽、新しい生き方を模索したいミレニアル世代のブログ。徹底した合理主義者

昔の自民党「リーマンショック級の事態に陥らない限り増税する」←じゃあコロナショックの今減税しろ

   

昔、安倍首相は消費税を8%から10%に上げる時、「リーマンショック級の金融危機がこない限り増税を敢行する」と言いました。

ならば、今現実にリーマンショック級の株価暴落が発生しているから消費税を減税するべきではないでしょうか、私はそう思います。

増税前は良くて、増税した後で暴落が発生しても消費税据え置きというのはあまりに愚策過ぎませんか?

スポンサーリンク

 

本日2020年3月6日、日経平均株価は21,000円を割りました。終値は20,749.75です。

私もちょこちょこ投資をしているので、最近の株価の荒れ模様は気が気でなりません。

 

2020年の日本、マジでヤバいことになると思います。明るい話題が何一つありません。

~今の日本が抱えるヤバいこと~

  • コロナショックで株価暴落
  • コロナショックで訪日観光客が激減、観光収入が大幅ダウン
  • 特に観光収入を支えてくれていた中国人が全く来なくなり、観光地は死屍累々
  • ウイルスに加え、日韓関係の悪化で韓国人も日本を訪れない
  • ウイルスが怖いので、日本人自体も国内観光を控えるようになった
  • 増税で家計は厳しく、キャッシュレス還元も6月30日で終了、そこからが本当の地獄
  • 新型肺炎の流行により各種イベントが軒並み中止、経済的ダメージは計り知れない
  • 東京オリンピックが中止または延期の可能性があり、そうなれば経済的大損失を被る

スポンサーリンク

 

多分このまま行けば、本当に日本という国家は破滅の道を進むでしょう。

2019年、私は2点のことを考えていました。

一つは消費税増税によりますます国民の生活は苦しくなるんだろうなということ。

もう一つは東京オリンピックが終われば日本はいよいよ本格的に没落していくんだということです。

しかし、それを遥かに上回る国難が今国家を脅かしています。

とりあえず一番やるべきなのは消費税の減税でしょう。

繰り返しになりますが、昔の自民党は

リーマンショック級の株価暴落、あるいは大震災など無い限り消費税は増税する」と明言しました。

しかし今、日本は空前絶後の国難に陥っており、この経済的損失はかつての東日本大震災に勝るとも劣りません。

こんな状況で、消費税10%の状態を続け、またキャッシュレス還元も終了させる。これでは絶対に国民がバタバタと倒れていくでしょう。

それを回避するためにまずは消費税の減税が強く求められます

こんなことを言うと不謹慎かもしれませんが、どうせ新型肺炎ウイルスが世界中に蔓延するなら増税前に起こってほしかったと思ってしまう自分がいます。

もし増税前にコロナショックが起これば、さすがに政府は増税を躊躇したでしょう。

しかし、政府はまるで「増税さえしてしまえばこっちのもの」と言わんばかりの態度。減税する意思などまるで見せておりません、完全に国民を舐め腐っています。

もう日本政府は、国民の人命などどうでもいいと考えていると邪推さえしてしまいます。

日本政府が一番優先したいことは東京オリンピックの成功であり、そのためならどれだけ国民がウイルスに罹患し、人命が奪われようが知ったこっちゃないと考えているのでしょう。

本当に最近の政治には辟易します。繰り返しになりますが、今はリーマンショック級の国難です。この情勢で消費税を減税しない日本政府はどうかしてると思います。

苛烈を極める2020年。今年はどんな一年になってしまうのか。

毎日を不安に思いながら、朝起きてスマホでニュースをチェックする日々が続いています。