YOLOしく我が人生

躁鬱、不眠症、発達障害のせいでニートだったけど、ブログと投資を軸に徐々に人生が豊かになってきた旅行好き精神障害者のブログ

広島・菊池涼介選手はMLBで通用しない。打撃で苦しむに決まっている

   

広島カープ・菊池涼介内野手がポスティングシステムによるMLB移籍を表明しました。

前々からMLB志向が高く、挑戦したい意思を強く持っていた選手でしたので予想通りですね。移籍すること自体はとても楽しみですし、MLBの環境でどのような戦績を残すのか注目したいです。

しかしながら、活躍を期待したい一方で厳しいことを言うようですが彼はまず間違いなくMLBでは通用しません。

菊池選手はとにかく守備がダイナミックですごいと散々言われています。それはもう野球ファンで彼の守備が著しく優れていることを知らない人はいないでしょう。

しかし、そのすごい守備というのもあくまでそれは日本基準の話。

メジャーリーグには、菊池レベルのダイナミックな守備力や守備範囲を持つ化け物のような内野手はゴロゴロと存在するのです。

つまり、「菊池の守備はすごい!日本一!MLBでも通用する!」とか日本国内ではチヤホヤされて勘違いしているのかもしれませんが、そんなのは所詮井の中の蛙なのです。

MLBに行けば、必ず彼はメジャーリーガーの守備力の高さ、守備と打撃が両立出来る超一流選手の存在を見せつけられます。

そして自分がどれほど勘違いしていたか、日本で過大評価されていたか、上には上がいるということを思い知ることになるでしょう。

 

守備は通用する、しかし間違いなく打てない。結果ただのサブプレイヤー止まりとなる

メジャーリーグでレギュラー選手になるためには、当たり前ですが打撃も守備も超一流が求められます。

菊池の守備は確かに一流であり、これについては幾ばくか通用すると思います。

しかし、それと同時に打てなければ話にならないのです。菊池選手が日本でスタメンで出してもらえるのは、あの程度の打撃力でも十分レギュラーになれるほど日本野球のレベルが低いからです。

しかし、球速の平均速度が日本よりずっと早く化け物揃いの投手がひしめき合うMLB環境で、果たして菊池選手はどの程度打てるでしょうか。

菊池選手が日本で記録したOPSはキャリアハイの2014年が唯一.800を超えただけで、それ以外のシーズンは全て.800未満です。

低レベルな日本の投手相手にOPSが.600~.700程度しか記録出来ないような選手が、どうやってメジャーの投手を打つことが出来るでしょうか?

はっきり言ってスタメンで9番バッターに抜擢されるだけでもまだ良い方でしょう。チーム事情で、本当に内野手が不足しているチームならばスタメンはあり得るかもしれませんが。

いずれにせよ、ほぼ間違いなく彼はメジャーの速球に苦しめられます。

そして私が思い描くストーリーはこうです。

  1. まずシーズン初旬は当然監督も期待して起用し続けます。
  2. しかし、MLB環境に適合するには時間もかかるでしょうから、一向に打棒は上向かずヒットが打てない日々が続きます。
  3. それでも、全く文化が違う異国で私生活の戸惑いなどもあるし、首脳陣もそこを考慮して我慢強く起用し続けます。
  4. しかし、それでも彼はMLBのハイレベルな投手相手にヒットを放つことができないと推測されます。
  5. もしかしたら、環境の違いや言語が通じないなどのストレスもあり極度の不振に陥り、打撃どころか自慢の守備でもエラーを連発する可能性すらあります。そもそも日本とアメリカでは芝生自体違うことも考えられます。
  6. やがて、守備が良いという理由だけでスタメンで使う価値はないと判断され、首脳陣にも我慢の限界がきます。
  7. 最終的にただの代走・守備固め要因になり、ベンチウォーマーとなります。川崎宗則と同じようなイメージです。

守備だけで食べていけるほど、メジャーの世界は甘いものではありません

ただ、これだけ酷評していますがあの守備がどの程度通用するのかは私も興味深かったりします。

得てして肩が弱い日本人内野手ですが、菊池選手は結構肩が強いです。また、メジャーリーグの球場はほとんどが天然芝ですが、カープの本拠地も同じく天然芝ですので彼は天然芝に慣れています。この点は優位に働くでしょう。

打撃は全く期待出来ませんが、元々菊池は守備が魅力の選手です。彼がMLBでどのような守備を見せてくれるのか、注目しましょう。