YOLOしく我が人生

躁鬱、不眠症、発達障害のせいでニートだったけどブログと投資を軸に金融リテラシーが向上してきた精神障害者のブログ

川崎市が神戸市の人口を抜く。神戸は福岡に続きまた抜かれることに

   

無差別殺人事件で治安が悪いというイメージが付いてしまった川崎市ですが、事件の数日前こんなニュースがありました。

川崎市の人口が、神戸市の人口を抜き6位に浮上しました。神戸市は2015年にも福岡市に人口を抜かれ、今度は川崎にも抜かれたということです。

神戸の没落ぶり、そして福岡や川崎が如何に活気づいている街であるかがよく分かります。

川崎市は東京に近く、特に武蔵小杉がベッドタウンとして大変人気です。ただ、タワマンが建ちすぎて、街の人口増加に対し街のインフラ整備が追いついていない感じもあります。武蔵小杉駅の朝ラッシュが地獄というのはよく言われる話ですね。

東京に近いという便利さと、治安の悪さの間で揺れる川崎市。果たして川崎市の実態はどういったものでしょうか。

私は川崎大師に遊びに行った経験もございますので、そちらを紹介する写真も合わせてご覧ください。

 

川崎市は北部が治安良し、南部が悪め

川崎はどう見ても東西に長いのに、右肩下がりで斜めになっているので西が北部、東が南部という変わった区切り方をしています。

結論から言うと、川崎は南部の川崎区や幸区が治安が悪く、北部の多摩区や麻生区なんかは治安が良いとのことです。

事件があった登戸は多摩区ですので、世間の人々が抱きがちな川崎のイメージとは違うようです。

生まれも育ちも川崎市で、このことについて語っているYouTuberさんの動画がとても参考になったので宜しければご覧ください。

ただ、彼曰くたまたま自分は川崎に生まれたから住んでいるだけで、住むのはおすすめしないのだそうです。

しかしながら登戸は川崎基準では治安が良く、これはたまたま凶悪事件が川崎で起こっただけであり川崎という地名を強調するのはおかしく、全国どこでもこういう事件が起こる可能性はあったと主張しています。

当然ですが、一言で川崎と言っても治安の良いエリアと悪いエリアがあり、全体が悪いわけではないので誤解してはいけませんよね。

 

川崎大師だけは見た方がいい

川崎にあまりいいイメージを持たれない方、もしくはただのベッドタウンでわざわざ遊びに行くとこなんか無いと思われている方、ちょっとお待ち下さい。

川崎には一つ素晴らしい名所がございます、それが川崎大師です。川崎大師は関東では明治神宮、成田山新勝寺に次いで三番目に初詣参拝者数が多い有名な寺院なんですよ。

タイミングのいいことに、先日川崎大師に遊びに行きました。一度行ってみたいと思っていたので行ったのですが、参道や仲見世通りを歩いていて思ったのは飴屋と久寿餅屋が大変多かったですね。

川崎大師では昔ながらの飴が名物で、多種多様の飴が売られています。人気なのはせき止め飴で、こんな昔ながらの飴が効くのかと思えばかなり効くというのだから驚き。

店員さんと話していたところ、「私喘息なんですけど、結構効くんですよ」とのこと。また、地元の内科医すらもよく効くと太鼓判を押します。内科医も絶賛する川崎大師のせき止め飴、これはすごいです。あと咳が出ていなくても普通に菓子として美味しいです。

f:id:Germii:20190529145220j:image

多種多様な飴が売られていて、選ぶのにかなり迷いました。
f:id:Germii:20190529145214j:image
f:id:Germii:20190529145211j:image
f:id:Germii:20190529145206j:image

スポンサーリンク

 

平間寺も大きくて立派だ

一般的に川崎大師という名前で知られているここですが、寺院そのものは平間寺(へいげんじ)と言います。五重の塔もあってなかなかすごいんですよ。

f:id:Germii:20190529145712j:image
f:id:Germii:20190529145716j:image
f:id:Germii:20190529145701j:image
f:id:Germii:20190529145708j:image
f:id:Germii:20190529145719j:image
f:id:Germii:20190529145704j:image

 いかがでしょう。工場の街というイメージが強い川崎市ですが、こんな素敵な寺院もあるのです。

 

名物の久寿餅も食べてみよう

あと、久寿餅が名物なようで、参道や仲見世を歩いていてもすごくたくさんの店を見ました。久寿餅というのは葛餅を意図的に違う漢字を充てたもので、川崎大師名物となっています。

正直なところ、私はこの久寿餅は現地を歩くまで知りませんでした。いつも旅行する時はその土地の名物をある程度調べてから行くのですが、川崎大師と言えば飴のイメージしかありませんでした。

本当にそこら中で久寿餅を売っている店を見るので、これはかなり象徴的な名物なんだなということで食べてみました。

軽くその場で調べたところ、多分一番定番の老舗店だろうと思われる住吉屋総本店さんで頂きました。

f:id:Germii:20190529151117j:plain

これで一皿400円でした。餅も甘い黒蜜も大変美味しく、川崎大師の参拝記念で多くの人が食べられるそうですから私も食べて良かったです。

ネガティブなイメージもある川崎ですが、川崎大師は大変良いところですし、また川崎駅周辺の商業施設ラゾーナ川崎チネチッタも普通に楽しく一日潰せますので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

川崎大師は京急川崎駅から京急大師線で僅か3駅です。