YOLOしく我が人生

不眠症と発達障害のせいでニートやってるけどこのままじゃいけないと思い立ち色々頑張ってる精神障害者のブログ

無知蒙昧な現金主義者の的外れな主張を片っ端から論破してみた

   

端的に申し上げますと、キャッシュレスをどんどん推進して合理化・効率化を図ろうと国が一生懸命画策している中で現金払いに固執する人って社会の足を引っ張る迷惑者なんですよ。

クレジットカードや電子マネーの話題で、クレジットを使わない理由に必ず挙げられる代表例が「クレジットカードだと使い過ぎてしまう」というものがあります。いや、全くもってわけがわからないんですけど…逆になんで使い過ぎてしまうんでしょうか?

私はクレジットカードを初めて所持して以来、意図していた額より使い過ぎてしまったことなんて一度たりとも無いですよ。使い過ぎる人ってただ単にその人に自制心が無く、浪費癖があり、金銭管理能力が欠如しているだけですよね。

だからそれってクレジットカードが悪いんじゃなくてクレジットカードを使いこなせない人が悪いのです、責任転嫁も甚だしいですね。

クレジット・電子マネーを使わない理由を個人的に論破してみた

ポイントが付く、ATMに行く手間が激減する、決済速度がスピーディ、明細が必ず残っていくら使ったかわかりやすいなど、これだけメリットがあるにも関わらず何故現金に固執する人がいるのでしょうか。気になったので色々とググって、現金に固執する理由を調べてみました。それを全部自分なりの意見で反論したいと思います。

 

利用金額が把握しづらい

クレジットや電子マネーを使うと必ず明細として記録されます、ですので完全に逆。利用金額は把握しやすいです。現金決済のみだと家計簿を付ける作業が非常に煩わしい、しかし必ず明細が残りスマホアプリで気軽にいくら使ったかを見ることが出来るクレジットは、どう考えても金額を把握しやすいでしょう。

把握しづらいと言ってる人って、現金の方が財布から現物が減っていき使用した実感があるという論法なのでしょう。

ですが例えば自販機で現金で飲み物を買った時はレシートとしての記録が無く、使った額を記憶しておかなければそこで忘却の彼方ですが電子マネーで買えば必ず記録として残るじゃないですか。

よって現金の方が利用金額を把握しづらい。キャッシュレスの方が絶対に金銭管理が容易です。

そもそもいくら使ったかわからないとか言ってる人って、マネーフォワードやZaimのような家計簿アプリを知らない・使いこなせない情弱なんでしょうか?まぁそうなんでしょうね。

私は当たり前のようにZaimを使いこなし、いくら使ったか完全に支出額を把握していて統計データはほぼ完璧に管理出来ています。

無駄遣いを防ぐため

上と重複するところがありますが、キャッシュレスになったからといって無駄遣いをしてしまうのはその人の金銭管理能力が無く、クレジットの誘惑に耐えられないただの杜撰で浪費癖の激しいダメ人間というだけです。

例えばクレジットなり電子マネーを持っている状態で、私は街を自転車で走っていてコンビニコーヒーが飲みたいと思うことがよくあります。私はコーヒーが大好きだからです。

しかし、その欲求に負けてコンビニコーヒーをクレカや電子マネーで無駄遣いして飲むことは絶対にありません。水分補給は携行している水でいいし、コンビニで買うのを我慢して自宅に帰れば自分でコーヒーを淹れることが出来るからです。自分で淹れるなら絶対100円もかかりません。

たとえキャッシュレスで100円を支払うと言えど、100円が懐から消えるという事実は変わりません。それをしたら間違いなく使う必要の無い100円の浪費です。クレジットで無駄遣いをする人は、このようにふらっと100円を使ってしまうようなルーズな性格をしているのではないでしょうか。

そういう人は、キャッシュレスだろうと現金だろうと結局どちらでも無駄遣いをします。キャッシュレスのせいではなくその人の人間性の問題です。

現金の方が決済速度が早い

全くもって間違い。小銭ジャラジャラさせて端数の小銭を探しているのであれば絶対にクレジットや電子マネーの方が早いです。

例えクレジットで暗証番号やサインを求められるという手間があったとしても、釣り銭が計算され受け取って財布に入れる手間と考えても前者の方が早い。

また、コンビニは1万円以下の少額決済はサインレスです。このことを知らない人が多すぎます。

店員の立場からしても、釣り銭の受け渡しミスが発生しないのでクレジット・電子マネーを使われた方が圧倒的に有り難いと思っています。

現金払いははっきり言って店からすると多大な迷惑なのです。現金って汚いじゃないですか。

現金の授受を繰り返しているうちに手は汚れてくるので、コンビニ店員ならホットスナックの提供、飲食店にしても不衛生ですよね。

嘘だと思うなら「現金払い 迷惑」でググってみてください。サジェストで「頭悪い」とまで出てきますし、ボロクソ言われてますよ。

 

セキュリティが不安

スキミングに関しては今はほとんどのクレジットにICチップが搭載されており、暗証番号を抜き取ることはほぼ不可能です。従来クレジット情報は磁気ストライプに内蔵されていましたが、ここに入る情報量は少ないのでスキミングが比較的容易でした。

一方ICチップには膨大なデータ量を詰め込むことが出来るのでスキミングは困難です。そもそもスキミングをされて不正利用されてもカード会社に言えば補償としてお金は戻ってきます

また、盗難や紛失における不正利用についても同様です。自分に過失が無い場合はちゃんと不正利用されたお金は補償されます。現金は落としてしまったらもうそこで終わり、絶対に返ってきません。

しかしクレジットは盗難・紛失に気付いた時点で止めてもらえればいいし、補償もあります。だからクレジットの方が安全なのです。

プリペイド式電子マネーの場合は、残念ながらクレジットとは違いますので不正利用はされますがチャージ上限額が低いです。

楽天EDY、nanaco、WAONは5万円、Suica等交通系電子マネーは2万円までです。目一杯チャージした状態で落とすというケースは極めて限定的でしょう。

少額でクレジットを使うのは気が引ける

電子マネーはともかく、少額決済ならクレジットは使わない、使うのは額が大きい時だけという人がいます。しかし私は100円の商品一つ買うだけでも絶対クレジットを使います。(もちろん電子マネーが使えるならそちらを優先する)気が引ける理由もさっぱりわかりません。

みみっちいと思われる?他人の目を気にするのは日本人の悪い癖です。誰も赤の他人のことなどいちいち見ていませんしほとんど興味もありません。あなたは無関係の人間をいちいちジロジロ見ますか?

少額決済でクレカ払いするほど金に困ってると思われるのが恥ずかしい?全く逆。クレカ払いをするということは銀行口座に金が十分に蓄えられている証拠。だからクレジット派はいつでも躊躇なくクレカ払いが可能なのです。現金主義者の方こそ、現金で払わざるを得ないほど貯蓄額に余裕が無いから現金で払っているんだなという印象を強く受けます。

少額決済でクレジットを使ったら店側に手数料がかかって申し訳ない?それは店側が経営の一環として考えることであり、客側が気を使う必要など微塵もありません。経営者は取られる手数料のことまで勘案した上でやりくりしています。

店舗はクレジットを導入することで発生するメリットとデメリットを天秤にかけた結果、手数料を取られるより顧客が買い物をしてくれない機会遺失の方が痛いと考えたからクレジットを導入しているのです。

個人情報を抜き取られる

ただのビッグデータ分析です、あなたの個人情報が悪用されることは個人情報保護法に基づきあり得ません。そもそも我々のような一般庶民の個人情報に、何の価値があるというのでしょう?

抜き取られて困るような情報がありますか?あなたはそんなエグゼクティブな人間なのですか?

しかも個人情報の流出なんて気にするなら、インターネットを使っている時点でGoogle、Amazon、AppleなどIT企業に膨大な情報を握られていますからね。

スマホでGoogleサービス使いまくって、SNSで自分から個人情報ばら撒いて、その癖個人情報がどうこう言うなんて片腹痛い。個人情報流出が嫌なら一切インターネットしないことですね。

むしろキャッシュレスが推進される理由の一つに、ビッグデータを取得することがあります。人々の消費動向を調査し、より売上向上に繋げることが出来ます。

そうすれば良い商品やサービスが開発され、結果としてより良い社会づくりに寄与するでしょう。そのためならむしろ進んでデータを提供すべきです。

キャッシュレスは災害時に停電で使えない。天災の多い日本には不向き

平時と非常時を同列に語るとか頭おかしいんですか?この意見は北海道胆振地震で大規模停電が起きて、この時一人のキャッシュレス派が詰んだというエピソードが話題になってからよく引き合いに出されます。

現金主義者の最後の切り札ですね、これさえ引き合いに出せば反論出来ると思っているんでしょう。

しかし大規模停電なんてどれ程の確率で発生するでしょう?あれはレアケース中のレアケースでした。

そんな数十年に一回来るかどうかもわからない非常時のことまで想定して、事務作業の効率化や生産性向上といったメリットだらけのキャッシュレスを導入しない方が愚かなのは言うまでもありません。

現に北海道胆振地震以降、大災害で大規模停電ってありましたっけ?ありませんよね。

そもそも停電すればATMも使えなくなるので現金主義者だって詰むのは同じことではありませんか。そして、キャッシュレス派だって現金くらい財布に入れているので非常時でもちゃんと買い物は出来ます。

 

それでも現金払いをするという方へ

クレジットを頑なに拒否し、常日頃から現金払いに固執している皆さん、貴方達は確実に損をしています

何故なら我々キャッシュレス派は日々ポイント還元で合理的でお得な生活を送っている中、貴方達には何の還元もなく、財布の中身が少なくなればその都度ATMから出金して時間や手数料を無駄にし、ただいたずらに多めの金額を請求されているに等しいからです。

クレジット決済は加盟店が手数料を取られますが、現金払いだと取られません。店側は現金払いをされると過剰に得をし、懐に少し多めに金が入ります。これはつまり、我々のクレカ払いによる店側の手数料を現金で支払う人々が肩代わりしてくれていると考えることも出来ます。

現金主義者が現金払いをしてくれるおかげで、我々キャッシュレス派は一方的に得をさせてもらっています、本当にありがとうございます。これからも損する側に回り続けて、どうぞ損な人生を送ってください😊

誤解無きよう言っておきますが、これは挑発や皮肉の意図は一切ありません。こう言うことで、少しでも現金主義者がキャッシュレス派に変わってくれればいいなと願っているからです。

私は損をしている現金派の方々のためを思い、非効率的で非合理的な生活に変化を与えたいと思いこう書いている次第です。