YOLOしく我が人生

躁鬱、不眠症、発達障害のせいでニートだったけどブログと投資を軸に金融リテラシーが向上してきた旅行好きの精神障害者のブログ

デンタルケアはめっちゃ大事だから歯科検診は行っとくべき

   

デンタルケアってしてますか皆さん。私は過去かなりデンタルケアの意識が薄くて、ずっとデンタルクリニックに行ってなかったんですね。

そんである日突然思いつきで行ったわけですよデンタルクリニック。本当に思いつき、気まぐれに行ってみてもいいかなって思って行きました。まぁそれは今から5年くらい前のことですけどね。

結構歯の裏とか汚れているなっていう自覚はあったし、行ってみたら綺麗になってすごくすっきりしました。

それと同時に、正しい歯磨きの方法も教わりました。今までそんなこと教わらなかったので、あれは本当に良かったです。

それまで私は正しい歯磨きの仕方が頭になかったので、歯の裏側が全然磨けていなかったんですよね。

それで歯科衛生士さんから表は割と綺麗に磨けているけど裏が磨けていないと指摘があったもので、それ以降裏側もきちんと磨くようにしています。

あとデンタルフロスや歯間ブラシも通した方が良いので、その日以降ちゃんと買い揃えました。やっぱり歯間は歯ブラシじゃ絶対プラークを除去出来ないですからね。

それから親知らずも抜歯したんですよね。下は埋没していて少しだけ頭が出ている状態で、これはクリニックじゃ抜歯出来なくて口腔外科に行く必要があって抜歯出来ないんですけど、上は綺麗に生えてるから出来るということで。気まぐれにデンタルクリニックに行った結果親知らずも抜歯出来て良かったです。

もしデンタルクリニックに行こうという気が起こらなかったら、デンタルケアの意識も高まらなかったし親知らずを抜歯することも無かったです、だから行こうという気まぐれを起こした過去の自分を褒めてやりたいです。

 

歯科検診をした結果思わぬことが発覚し…

さてそれで先日、半年ぶりの歯科定期検診に行ってきました。なんだか左上の第一臼歯が少し痛むような気がしていて、そこも含めて見てもらったわけですが。

なんと知らないうちに虫歯の治療後の詰め物が取れていたようで、それで痛みがあったようです。これには驚きました、全くそんなこと気が付かなかったものですから。

詰め物自体は誤飲してもなんら問題は無く、便として出ていくので大丈夫です。しかし取れた瞬間なんてのは本当に記憶が無く、口から出てないことを考えると知らず知らずのうちに飲み込んだと考えるのが妥当でしょう。

実は普段の食事中は痛むことは全く無かったのですが、粘着性のあるガムを噛み潰した時にちょっとチクッと痛むなとは思っていたのです。

歯科検診に行ったおかげでそういうことにも気付けたし、すぐに処置をしてもらっています。今は仮の詰め物をしていて後日処置を施します。

 

デンタルケアの意識を高めて自分への投資をしよう

ずっと歯科検診に行ってなかった私がいい例なわけですが、なんか日本人というのはデンタルケアの意識が低いんですよね。

歯医者ってあんまり行きたくないじゃないですか、気持ちのいいものじゃないし。大抵の人は嫌いとか苦手意識を持っていたりするんですよね。

でも嫌いとか苦手だからって逃げてちゃダメなんですよね。嫌だからって歯医者からずっと逃げ続けた結果、症状が悪化して歯が痛むようになってから行っても遅いと。

歯が痛みだしてからデンタルクリニックに行っても治療が苦痛になるだけです。事前に予防するという意識があれば、悪化も防ぐし長い目で見たら良いわけです。

日本は国民皆保険制度のおかげでいつでも3割負担で安く治療が出来るもんだから、病気にかかってから病院に行けばいいやという意識になりやすいわけです。だから歯に限らず、日本人は病気を予防するという観念に欠けていると。

歯科検診は確かに幾らかのお金がかかります、しかし長い目で見たら必要な投資だと思います。

貧困問題に絡めて考えると、悲しいかな貧困層の人間は病気にかかってもいないのに検診に金をかけるなんて発想になりません。そもそも貧困だと自分の健康に投資が出来ないものですから、それで歯周病だったり生活習慣病に将来的になりやすいというわけです。

今のデンタルクリニックは美容院や喫茶店のように綺麗で、不安感を払拭するような落ち着いた内装になっているところも多いです。あと歯科医はコンビニ以上に多いので競争も激しいですからね。

デンタルクリニックは本当に行った方がいいです、長年行っていないという方は試しに行ってみると虫歯が見つかったりするかも…痛みが無くても虫歯って普通にあるものですから。私も初診の時虫歯あったんですよね、行ったおかげで虫歯治せたので良かったです。

少なくともデンタルケアの意識は変わるし、行ってみたら「あの時勇気を出して行ってよかった」と絶対なるはずです。検診の頻度もせいぜい半年に1回で十分でしょう。

やっぱり歯は健康の根幹に関わると思いますので…一度歯を失えば二度と生えることも無いわけですから、ケアは入念に行って当然だと思います。それに歯痛は食事という生物にとって絶対必要で楽しい時間まで辛いものになりますから、恐ろしい話です。

歯科の分野は特殊だと思います、医師免許があれば何科にだってなれますけど、例外は麻酔科と歯科だけですから。歯科医になるには医学部ではなく歯学部を卒業せねばなりません。分かれている辺りが、歯学が如何に専門性のある分野であるかを物語っていると思うのです。

繰り返しになりますが、もう何年もデンタルクリニック行ってないなーという方は是非一度行ってみましょう。必ず自分にとって良いはずですから。