YOLOしく我が人生

不眠症と発達障害のせいでニートやってるけどこのままじゃいけないと思い立ち色々頑張ってる精神障害者のブログ

月1.5万円でホステル泊まり放題のフリーパスが出来ると話題に!

   

旅行好きの私には非常に興味深いニュース記事を発見しました。なんと月額1.5万円で全国のユースホステルに泊まり放題というフリーパスが出来るというものです。

記事によると、泊まることの出来るホステルは随時追加されるとのことで、泊まれるホステルの選択肢の豊富さ次第では是非とも利用したいですね。

単に旅行の宿泊費を抑えるという用途以外にも、別荘感覚で様々な場所に泊まったり、複数に拠点を置く生活をするといったことにも使うことが出来ます。

ただし、ここで注意しておきたいのはホテルではなくホステルということなんですよね。私は基本的に旅行する時の宿泊施設は安いビジネスホテルかカプセルホテルで、ホステルに泊まった経験がありませんでした。なので私はいまいちホステルというものがどういうものか分かっていなかったりします。

防犯性に欠けるが低予算で済むのがホステル

で、軽くググってみたところどうやらホステルというのはドミトリー形式で低予算が魅力な代わりに相部屋が中心となっているようです。ですので、バックパッカーや長期滞在者などが少しでも旅費を浮かせるためによく使っている印象ですね。一方で、ホテルに比べてプライバシーや防犯性が確保されていないので神経質な方や女性にはちょっとハードルが高いかもしれません。

ホステルはゲスト同士の交流が盛ん

特に、ホテルは完全にプライベート空間が保証されていますがホステルはゲスト同士の交流が盛んです。ここはこのゲスト同士の交流をしたいかしたくないかによって向き不向きがあると思われます。旅行者同士で交流し、情報交換などしたい方には向いているでしょうね。一方でそういうのが苦手な方、人とあまり話したくない方、コミュ力に自信が無い方には向いてないと言えます。私もそういうのは得意ではないのでちょっと心配ですね。

安全性やアメニティ

ホテルにはアメニティが完備されていて当たり前です。しかし格安で泊まれるホステルにはアメニティが無い場合が多いです。ですのでタオルとか歯ブラシなどは持参するのが基本となるでしょう、まぁ本当に最低限雨風を凌げる寝床さえ確保出来ればいいという人向きなのでしょうね。

 

安さと安全性、天秤にかけてどちらをとるか

調べているうちに、ホステルの特徴や長所・短所が段々わかってきました。そもそも、まず私は冒頭のホステルフリーパス1.5万円で泊まり放題という文言を見てお得だと一瞬思ってしまいましたが、それはビジネスホテルだったら得かもしれませんがホステルというところが問題点なのですよね。

私は結構神経質でありプライベート空間は非常に大事にしたいと思っているので、例えば2,000~3,000円で泊まれるホステルと5,000円で泊まれるビジネスホテルどちらに泊まるかと問われたら間違いなくビジネスホテルに泊まるでしょうね。

ホテルはアメニティが完備されているのでバスタオルなど持っていく必要も無いですし、個室であるため他人のことを気にしなくて済むので音楽やYouTubeも心置きなく流すことが出来ます

また、相部屋というのはスマートフォンや財布などの貴重品が盗難に遭う可能性も0では無いですよね、ホテルなら盗難の可能性は限りなく0に近いです。そういうのを考えると、どうしても私はホステルに泊まる勇気が出てきませんね。

月額1.5万円でホステル泊まり放題、貴方はどう考える?

この記事を書くことで改めてホステルの特徴を知ることが出来ましたが、最初は得だと思いましたがホステルって元々一泊の料金が安いんですね、ということは結構宿泊しないと元が取れないのではと考えてしまいました。ビジネスホテルだったら2,3泊で間違いなく元が取れるんですけどね、そこまで積極的に使いたいかどうかは、これはもうその人次第としか言い様がありません。

しかしホステルは冒険心の強い人にはかなり向いてる形態の宿泊施設ですよね。そういう人は見知らぬ人との交流も容易いでしょうし、どこでも眠れる性格をしていそうです。

私はどこでも眠れるどころか不眠症ですから難しいですね^^;しかし、これは使い方次第で非常に便利なものとなるかもしれませんし、既に予約受付も始まっているようですし、興味のある方は是非参考にしてみてください。