YOLOしく我が人生

躁鬱、不眠症、発達障害のせいでニートだったけど、ブログで文章力鍛えて自己研鑽、新しい生き方を模索したいミレニアル世代のブログ。徹底した合理主義者

【島根旅行】グリーンホテルモーリスというホテルがコスパ良すぎて感動した

   

先日、島根県へ旅行に行ってきました。出雲市で一泊、松江市で二泊しました。

旅行の様子はまた別で記事を書きますが、今回紹介したいのは出雲市にあるとてもコストパフォーマンスの良い素晴らしいホテルです。

それはタイトルにもある通り「グリーンホテルモーリス」というホテルです。出雲、鳥取、益田、東広島、豊岡に所在し、おおむね山陰地方が多いですね。私は出雲のグリーンホテルモーリスに泊まりました。

このホテル、数は少なく人口の少ない市にしか無いため知る人ぞ知るといった感じですが、大変に素晴らしいホテルです。

一言で言えば明らかにグレードが高い割に安いです、いい意味で値段とグレードが釣り合っていません。

「こんな良いホテルがこの値段でいいの?もっとお金取ってもいいのに!」と思わせるホテルです。

7、8千円くらい取ってもよさそうなものを6千円未満で泊まれてしまうホテルです。ここは本当にすごいと思いました。

普段グレードの低いビジネスホテルにばかり泊まっている私はサービスの良さに非常に面食らいました。写真も色々撮ってきたのでレポートを是非参考にしてみてください。

 

夕方頃、出雲市に到着しチェックイン

出雲大社を模した造りで有名な出雲市駅。到着して駅舎を見た時は出雲にやってきたなという実感が湧きました。

f:id:Germii:20190411231033j:plain

f:id:Germii:20190411231005j:plain

グリーンホテルモーリスは出雲市駅の南口から歩いてすぐのところにあります。なかなかに大きな建物です。

普通安いホテルは専有する土地が狭く縦に長いんですよね、土地代を安く抑えた上で客室を確保するために上に伸びるものですから。しかしここはそんなんじゃない。

f:id:Germii:20190411231249j:plain

今回の宿泊費用は1泊で、5,300円の税込で5,724円でした。当然土曜日なら高いでしょうが、平日のためこの程度の値段で済みました。

さて、とりあえず私がこのホテルに泊まってみて、ここが値段の割に良いと思ったところを列挙してみようと思います。

  • 一番安いシングルで18平米とすごく広い(大抵安いビジホは10~12平米と狭苦しい、広くても14平米くらい)
  • ハンドソープがある(経験上安いビジホにハンドソープは無いです)
  • 無料新聞配布がある
  • 貸し枕が豊富にある
  • 無料の夜食ラーメンがある
  • 大浴場がある
  • 部屋の窓が大きく駅前が一望出来る(安いビジホの窓は小さく方角が悪い)
  • 枕元にコンセントやスマホを置く台がある

このリストを見て「なんだ普通じゃん」と思われた方は価格帯が7,000円以上のそこそこのグレードのホテルに泊まり慣れてる方かもしれません。

ついつい宿泊費をケチってしまう私は、どうしても低価格帯のホテルに泊まりがちで良いホテルに泊まり慣れてないんですね…。ともあれ、これだけのサービスを備えていて6,000円未満は絶対にすごいんですよ。

大浴場や夜食ラーメンがあるって、なんだかドーミーインみたいですよね。しかし絶大な人気を誇るドーミーイン、私の感覚で言うとあそこも結構高いんですよね、8,000円は普通に超えますよね。早割でなんとか工夫して7,000円代でしょう。

 

ホテルに入ってみて明らかに高そうな雰囲気に驚いた

さて、チェックインを済ませエレベータで自分の階に行き、まず思ったのは廊下の幅が広いな…というのが率直な感想。その程度のことで驚くのもどうかと思いますが。^^;

f:id:Germii:20190411233054j:plain

廊下には貸し枕もありました。一階フロントに並べてあるタイプのホテルは見たことがありますが、廊下にあるということは各階にこの貸し枕があるということです。そのことからもコストがかかってるなと思えました。

f:id:Germii:20190411233220j:plain

そしていよいよ入室へ。事前に写真やYouTube動画で拝見はしておりましたが、入ってみるとこれは広くて綺麗ですごいなと思えました。安いホテルはどうしてもコストを削減するために狭く作られているものですから、部屋の広さに驚いてしまいました。

f:id:Germii:20190412000044j:plain

f:id:Germii:20190412000055j:plain

f:id:Germii:20190412000124j:plain

安いホテルはですね、狭いが故にベッドと机の隙間がこんなに空いてないんですよ…たった一人で泊まっているのにこんなにスカスカで広く空間を使っているのは、なんだか逆に落ち着かないなと思ってしまいました。

あとはそうですね、窓から出雲市駅の様子を一望出来るのですが、こういうのもそこそこ良いホテルならではですよね。普通安いホテルって、大通り沿いに窓ってありませんよね。安いホテルは窓から見える景色が隣の雑居ビルという場合がかなり多いように見受けられます。

f:id:Germii:20190412000549j:plain

そしてこれが夜食の無料ラーメンのサービスです。嬉しいことにおかわり自由で、醤油と味噌の二種類から選べるというのですから本当にすごいですよね。こんなに至れり尽くせりで、なんだか申し訳ないとまで思えてきます。

f:id:Germii:20190412000824j:plain

f:id:Germii:20190412000831j:plain

この日の食事は近くのローソンでPayPay払い、(泊まったこの日の少し前にローソンがPayPay対応開始)そして夜食のこのラーメンというわけです。無料で大変良いものを、ごちそうさまでした。

 

出雲市観光の拠点に絶対オススメ出来るホテルです

文句なしに素晴らしい、ケチのつけようが無いホテルでした。このホテルは単に旅行や出張の拠点に使うのはもちろん、積極的に泊まりたいと思えるホテルですね。

ケチな考え方をしていると、ホテルは最低限泊まれれば何でもいいという場合が多いじゃないですか。私もそうなのでなるべく宿泊費にお金をかけたくないと思っているんですけど、ここに関しては違いますね。

出雲市駅前には正直ここよりもう少し安いホテルは探せばあります。5,000円未満で泊まれるホテルもありました。

しかしせっかくこのようなコスパに優れた評判の高いホテルがあるのですから、もう少しお金を上乗せしてでもこのグリーンホテルモーリスに泊まった方がいいだろうと思いそうしました。

もちろん出雲大社や松江市内もとても楽しかったのですが、このホテルに泊まったことは島根旅行をより良いものにしてくれました。とりわけ出雲は初日で移動疲れもあったものですから、かなりリラックス出来ました。

また出雲に来る機会があれば、必ず次もここに泊まりますね。全国色々と穴場のホテルってあると思いますが、ここも知る人ぞ知る穴場ですよ。

いやぁ本当に素晴らしいサービスにおみそれしました。皆様もグリーンホテルモーリスを頭の片隅に留めておいてください。所在地は出雲、鳥取、益田、東広島、豊岡でしたね。ちょっと都市が限定的かと思いますが、もしこれらの街に立ち寄る機会があれば是非。

 

おまけ:泊まった日が2019年4月1日で新元号発表の日だったため、山陰中央新報の号外を貰えました。いい記念になりました。

f:id:Germii:20190412003123j:plain

出雲観光の記事

スポンサーリンク