YOLOしく我が人生

躁鬱、不眠症、発達障害のせいでニートだったけど、ブログで文章力鍛えて自己研鑽、新しい生き方を模索したいミレニアル世代のブログ。徹底した合理主義者

伸び続けるPayPayユーザ。政府はPayPayが普及して欲しいと思ってるのではないか?

   

2019年10月1日、ついに消費税10%への増税が開始されました。

増税よりも注目を浴びているのはむしろ煩雑な軽減税率やキャッシュレスによるポイント還元ですね。

どのような品目は軽減税率が適応されるかとか、なんのキャッシュレス手段を使えば少しでも得をするのか。国民は頭を悩ませ、商品を売る店舗側も大変です。

国もキャッシュレスを推進したいという思惑はよくわかりますが、あまりにも国民を混乱させすぎて、もう少し上手いやり方は無かったのかなとも思いますが、まぁせっかくのこの機会。得なことはどんどんやっていきましょう。

ところで、私はある日今後のキャッシュレス社会について考えながら自転車を漕いでいるとき、ふとビビっと閃いたことがあるので記事にしました。

それは政府はPayPayがQRコード決済の覇権を握って欲しいと思ってる説です。

 

キャッシュレスの普及を象徴するようにPayPayが1500万ユーザを突破

加盟店の増加で勢い付くPayPay。ついこの間には1000万ユーザを突破したというニュースがあったと思ったら、もう1500万ユーザを超えてしまいました。PayPayの勢いは止まらない、これもう社会的なインフラとしたあと一歩でしょうか?

ちなみにですが、PayPayは一度チャージした残高を現金に戻せるようにもなりました。ここは今まで数少ない弱点で、LINE Payは以前からATM手数料を支払えば現金に戻すことが出来ていたのですが、PayPayもそれが可能になりました。

これで加盟店の多さでも、現金化出来るという点でも欠点が無くなってきましたね。キャンペーンも頻繁にやっていますし、クジで時々大きな金額が返ってくるのは嬉しいです。

PayPayはクジによって最大1,000円戻ってきます、どうせ支払うのであれば低確率とはいえお金が返ってくる可能性のあるPayPayは一番使っていて得を感じられるものですね。

 

実は政府もPayPayに覇権を握ってほしいと思っている?

さて、前置きはこれくらいにしましょう。

皆さんはこの安倍首相のツイートを覚えているでしょうか。19年2月2日、初めてのQR決済に挑戦してみたという旨のツイートです。これ、どう見てもPayPayのロゴがあるし安倍首相はPayPayを使っていることは明らかですね。ある意味政府のお墨付きといったところでしょうか。

まぁ国と大企業がズブズブというのは否定出来ない側面もあるじゃないですか、アベノミクスってそういうものでしょう。

それはともかくとして、大企業たるソフトバンク・ヤフーが手掛けるPayPayを使ってキャッシュレスをアピールする安倍首相を見るとなんとなく「やっぱり政府はPayPay推し?」みたいなことを勘ぐってしまうわけです。

政府がPayPayを推したいと言える根拠もあります。PayPayは中国のAlipayと相互利用が可能なのです。

ということはPayPayがQRコード決済の覇権を獲って決済手段のインフラと呼べるまで成長してしまえば、それだけ訪日中国人観光客にとっての利便も高まるわけです。

言うまでもなく政府は訪日観光客をどんどん増やし、観光収入を増やすことにとにかく躍起です。

その中でも一番の稼ぎ頭は地理的にも近く、人口も多い中国人の存在です。

これからの日本は将来性が暗く、先行きが不透明。年金2000万問題というのも記憶に新しい。

だったらとにかく中国に迎合し、中国人観光客を呼び込み、お金を落としてもらうことに注力することが予想されます。

ということは、ほとんどの中国人はスマホにAlipayを導入しているわけですから、Alipayと相互利用が可能なPayPayが日本中に広まって欲しいと考えるのは自然なことなのです。

私自身様々な観光地を歩いていても、商店街ではPayPayが使えるお店も中国人もどちらも多いですし、この仮説はあながち間違っていないようにも思えるのですがどうでしょうかねー。

 

PayPayはUIも優れていて、非常に完成度の高いアプリです。着せ替え機能もあるので、こういうのは女性受けしますよね、遊び心があって、こんな機能がある決済アプリはPayPayだけです。

規格が乱立していてどれを使ったらいいかわからないという意見もありますが、あと数年だけ様子を見てみましょうよ。もしかしたら本当にPayPayさえスマホに入れておけば、手ぶらで外出出来る日はやってくるかもしれません。