YOLOしく我が人生

不眠症と発達障害のせいでニートやってるけどこのままじゃいけないと思い立ち色々頑張ってる精神障害者のブログ

常にクレジット決済している人は実質消費税が減税されているようなものだ

 節約のために常にクレジットカードで決済をしている人は世の中には沢山いるでしょう、私もその一人です。

どうせ同じだけの支出をするなら、クレジットで支払えば1%くらい返ってくるんですからそりゃクレジットで払った方が得に決まってますよね。還元率1%のカードで10,000円の買い物をクレジットで払えば実質9,900円です。

で、タイトルにあるようにこれってクレジットカードで常に決済すればその人の世界は実質消費税が減税されてるんじゃね?と考えることも出来ると思うのです、もちろんカードの還元率次第ですが。

年会費永年無料のカードでは1%が関の山でしょうね。年会費無料で1%以上あるカードはリクルートカードとレックスカードくらいじゃないでしょうかねー。

 

カードの還元率次第だが支払いはカードを絡めた方が得

支払いのありとあらゆるところにクレジットを絡めてポイントを付与させると最大限得をすることが出来ますよね。

代表例は電子マネーのチャージです。皆さん、電子マネーを現金チャージなんてことはしていませんか?そんな勿体無いことは今すぐに辞めましょう、クレジットチャージをするのです

WAON、nanaco、楽天EDY、Suicaいずれもクレジットでチャージする手段があります。

WAONはWAONが付帯されたイオンカード、EDYはEDYが付帯された楽天カードを使用する必要がありますが。それでもあれは便利ですよね、カード一つでクレジットにも電子マネーにもなるのですから。

Suicaも駅やコンビニで現金チャージなんかしてたら面倒くさいでしょう、わざわざ外に出なければいけません。モバイルSuicaを使えば家に居ながらいつでも好きな時にクレジットでチャージが出来ます

このように私は常日頃からどうにかして支払いにクレジットを絡めることばかり考えています。ケチとか貧乏性とか思ってしまう人はいけませんよ。これだけ金にシビアなくらいでちょうどいいのです。

逆にこういうことに無頓着だと損ですし、長い目で見ると上手く節約している人とそうでない人で結構な差が出てきますよ。

金持ちほど節約の知恵があり、様々な金銭的に得な情報に長けているものです。私の父親も年収が結構高い癖に滅茶苦茶貧乏性ですからね、私以上に貧乏性でドン引きするくらいです。

しかしドケチで資産を蓄えている家庭だからこそ、国産黒毛和牛のすき焼きを別に何の記念日でもない普通の日に食べたり贅沢をさせてもらっていました。

○○Payを絡めるとポイント二重取りで更にお得

最近QRコード決済が多くなってきましたが、多くのQRコード決済ではクレジットカードとの紐付け、そして○○Pay自体にもポイント還元があるのでポイントの二重取りが出来ます。

代表的なのはPayPayと楽天Payです。両者はどちらもポイント還元が0.5%であり、クレジットの紐付けが可能です。

つまり還元率1%のクレジットを登録すれば、1%+0.5%=1.5%の還元を受けることが出来ます。消費税が10%になってもこれなら実質8.5%と考えることも出来ますよね。

QRコード決済でもう一つ有名なのはLINE Payですが、これは残念ながらクレジットによる引き落としが出来ません。銀行口座、コンビニ、ATMによるチャージが必要です。ですので個人的にはLINE Payを評価出来ません。

 

増税されるからこそ、ポイント還元にはシビアになろう

2019年はキャッシュレス元年にしようと多方面で言われています。私が思うのは、店ごとのポイントカードとか鬱陶しいだけだし財布がパンパンになるから要らないのでは?と思っています。

私はポイントカードというとヨドバシゴールドポイントカード以外持っていないんですよね。ポイントはクレジットのポイントを貯めることに注力しています。

TカードもPontaカードも、正直持っていてもどの店で使えるか覚えきれないし、付与されるポイントなど極めて微々たるものです、TカードやPontaを持っていたところでお得感を感じません。Tカードは昔持っていましたが全く役に立たないため捨てました。

しかしクレジットカードの決済は大きい金額にもなりやすいし、特定の店舗でしか使えない店独自のポイントカードやスタンプカードと違いクレジットはどこでも使用できるので結局クレジットが最も効率の良いポイント還元なんですよね。

これからどんどんQRコード決済が使用出来る店は増えていくと予想しています。PayPayや楽天Payは特に加盟店は多い印象があります。物理カードと違いスマホアプリですので財布を圧迫することも無いし、インストールや利用は当然タダですので皆様も是非利用してみてはいかがでしょうか。