YOLOしく我が人生

躁鬱、不眠症、発達障害のせいでニートだったけど、ブログと投資を軸に徐々に人生が豊かになってきた旅行好き精神障害者のブログ

広島と岡山の比較。交通の要衝、岡山の方が都市圏人口は多かった

   

中国地方で一番の都市は紛れもなく広島市。唯一プロ野球団が置かれていることからも栄えた都市であることが伺えます。

そんな広島の最大のライバルは同じく政令指定都市で都市圏人口は負けず劣らず持っている岡山。

広島と岡山のライバル意識は強く、岡山は広島を僻んでいるとか対抗意識が激しいというイメージも強くあります。

例えば5chで広島のことを悪く言っただけで「岡山県民乙」と勝手に岡山県民と認定されてしまうほどです。(私が言ったのではなく、スレでそういう流れをよく見ました)

それで、広島も岡山もどちらも同じくらいの力を持った県だとは思うのですが、じゃあ結局総合的に見てどちらの方が強いのか、考えてみました。

個人的な意見ですが、私は住むなら岡山がいいです。理由は順を追って説明します。

 

とにかく都会がいいなら広島。プロ野球もあるし栄えてる

広島の良いところはなんと言っても100万都市で栄えているというところ。

広島には原爆が投下されましたが、原爆を投下するためにはそれなりに人口の多い都市に落とす必要があり、米軍は何箇所かを候補に挙げていました。

原爆投下の候補になったということは、それ自体は悲劇でしたがそれだけ都会だったということですね。

広島駅前、八丁堀、紙屋町のような発展した街並みは岡山には無いものです。アーケード商店街も大規模ですね。

更に広島駅は大規模な建て替えを行っており、滅茶苦茶先鋭的で綺麗になります。

それから、スポーツ観戦が趣味なら広島以外あり得ません。

岡山にもJリーグクラブのファジアーノ岡山がありますが、広島は野球のカープ、サッカーのサンフレッチェ、バスケはドラゴンフライズが本拠地を置いています。

特に野球は一番の人気スポーツで国内に12球団しかありませんので、野球観戦が出来るという点においては岡山は広島には逆立ちしても勝つことは出来ません

(とは言え、岡山も地方球場扱いですが倉敷マスカットスタジアムで毎年阪神タイガースが主催試合を開催します)

 

岡山の利点は交通の要衝+大阪や東京に近い

逆に岡山の良いところは何かというと、まずぱっと思いつくのは広島よりも東に位置するため大阪、東京のような大都市に近いということです。

東京一極集中の日本において、東京に少しでも近い方が良いに越したことがないというのは否定できないでしょう。

もう一つ岡山の強いところは交通の要衝というところです。岡山駅から伯備線による山陰へのアクセス、瀬戸大橋線で四国にアクセスが出来ます。

すなわち岡山は山陽~山陰の連絡と、本州~四国の連絡の担い手として非常に大事な街なのです。

特に岡山と高松の結びつきは非常に強く、約1時間で両都市を往来出来るのは強いです。

一方広島は山陰や四国に気軽に行けるのかというと…行けないですね。瀬戸大橋と同じようなものが広島にはありませんから。

広島と四国を結んでいる陸路はしまなみ海道ですが、あれは尾道市と今治市です。

そうではなく互いの最大都市である広島市と松山市の往来となると、これは難儀します。

広島⇔松山の直接の往来はフェリーしかありません。この時点で鉄道で1時間で結ばれている岡山・高松にはボロ負けです。フェリーで両都市にアクセスする所要時間は約3時間弱だそうです。

山陰へ行くにしても、芸備線・木次線では岡山の伯備線には到底敵わないでしょう。三江線も廃止されてしまいましたからね。

乗換案内で検索かけてみましたけど、広島から松江や出雲に行くには芸備線・木次線経由よりも一旦倉敷まで行ってから伯備線に乗った方が早いとのことです。

これらのことから、広島は本州~四国と山陽~山陰の連絡の役割が全く遂行出来ない、岡山と比べたらかなり陸の孤島と呼べる都市ということになります。

 

空港の比較でも岡山の圧勝。広島空港のアクセスの悪さは本当に酷い

あと一つ注目しておきたいのは空港の存在ですね。中国地方くらい西に位置していると、東京に行くのに新幹線よりも飛行機の方が早くて工夫次第では安くて便利ということが起こってきます。

そして岡山空港と広島空港の位置を比較してみると…これはもう一目瞭然。

岡山空港の所在地は岡山市北区。少々山間部にありますが岡山市街地から直線距離で11kmほどの距離に位置しており、岡山駅からバスで30分で行けます。

一方の広島空港はというとこれがまた酷い。どこにあるかというと広島市外、しかも三原市の山奥。広島駅からの直線距離はなんと41kmもあります。

飛行機の利用時は早めに空港に向かうのが常識。これだけ離れていると高速バスの渋滞も怖く、予定を立てにくい。所要時間は50分が目安だと書かれていますが高速道路の渋滞という要素も孕んでいます。

しかも山の上にあるので天候に左右されやすいのだそう。これはもう政令指定都市の空港としては最も不便と言って間違いないのではないでしょうか。

何故こんなところに作ったのか。もっと広島市から近い位置に作って利用者の利便性を高めることは出来なかったのか、甚だ疑問です。

 

広島市民にとって衝撃。都市圏人口という観点では岡山が勝っていた

更に私は面白い情報を見つけました。全国17都市圏人口ランキングというものがあったのですが、これによると9位が岡山10位が広島と、なんと中国地方の盟主だと信じられてきた広島は実は都市圏人口では岡山に負けていたのです。

これには明確な理由があります。岡山市は単体で見ると人口が72万人ですが、すぐ隣には人口48万人の倉敷市という存在があるのです。倉敷なんてのは岡山市と本当に目と鼻の先、衛星都市です。この2つの都市の人口が合わされば大きなパワーです。

更に岡山はまだ2つの大都市の衛星都市を持っています。その一つは先述したように鉄道の瀬戸大橋線によって結ばれた、人口41万人を誇る高松市

もう一つは広島県の東端で岡山県に隣接し、どちらかというと岡山への意識が強い人口46万人、福山市の存在です。

福山市は広島市よりも岡山市へ行く方が距離が近く、市民は他所へ遊びに行くなら広島市より岡山市に行くといった感じです。(そもそも福山市自体都会だから簡単な用事は地元で完結することも多いが)

岡山、倉敷、福山、高松の4つの大都市を抱えた岡山都市圏は、実は我々が思っている以上にすごかったのです。

一方、広島は単体では120万都市の広島市が強いかもしれませんが、いかんせん周りに有力な衛星都市が無い、これが致命的でした。

福山は衛星都市と呼ぶには遠すぎるし、そもそも先述したように意識が岡山の方を向いています。

そうすると広島市の衛星都市はせいぜい呉市(21万)、東広島市(19万)、廿日市市(11万)くらいということになってしまいます、この人口では岡山都市圏の都市郡と比べると見劣りすると言わざるを得ません。

スポンサーリンク

 

広島も岡山も互いに良いところはある。皆様はどちらが好み?

何かと比較される広島と岡山。この記事を作成するために色々調べて、新しいことも知れてよかったです。

こういう地理の話題は好きなので、日本の津々浦々で比較されるニ都市というのはあるのでまた色々考察していきたいです。

総合的に見て交通の利便性では岡山が勝ってるので岡山の方が住み良いのかもしれませんが、一つ気になるのは食文化が謎ですね。

広島にはお好み焼きという分かりやすいものがあるのですが、岡山の食べ物って何があるのでしょう…?

岡山は一応行ったことはあるのですが、何が名物なのかさっぱりわからずその日の食事はチェーン店で済ませてしまいましたね。

広島はカープとお好み焼きがいいですね。街全体がカープ一色、野球観戦もして楽しみました。

そこら中にお好み焼き屋があってどこに入っても美味しいものだから、朝食以外全部お好み焼きばかり食べてました。なかなか食べられるものではありませんから、記念ということで沢山食べました。

しかし岡山のグルメというと果たして何が…?ともあれ、地理オタクとしての個人的な分析、岡山と広島の比較は如何でしたでしょうか。また新しいネタを作ったら関連記事としてこの下にでも載せておきます。