YOLOしく我が人生

躁鬱、不眠症、発達障害のせいでニートだったけど、ブログで文章力鍛えて自己研鑽、新しい生き方を模索したいミレニアル世代のブログ。徹底した合理主義者

Kyash改悪後もJRきっぷ購入でポイント還元受ける方法を教えます

   

節約やお得な話題に敏感な方々ならKyashの存在を知らない者は居ないでしょう。

ここでは読者の皆様がKyashをどういうものか知っている前提でお話していきますのでKyashの細かい説明は割愛します。

Kyashは2%のキャッシュバックを受けられる大変お得なツールでしたが、残念ながら増税された2019月10月1日以降は還元率が1%に減り、更に還元の対象外の範囲が少し増えてしまいました。

改悪だと多方面から言われ、私も残念だとは思いつつも今までがむしろお得過ぎたのであって、今もなおKyashは替えの効かないサービスですので、今後も利用出来るシーンでは利用していきます。

 

さて、私が今回紹介したいのは、KyashでJRきっぷを購入して還元を受ける方法です。

従来のKyashはみどりの窓口で使用した際、きちんと2%還元が受けられました。

しかし改悪されてからはJRきっぷの購入は還元の対象外となってしまったのです。

ただしこれは裏ワザによって回避出来ます。その方法を、証拠画像も交えて説明していきますので宜しければお付き合いください。

 

結論:旅行代理店できっぷを買えばKyashポイントは還元される!

さて、見出しでデカデカと書いたとおりです。JRきっぷは駅のみどりの窓口ではなく旅行代理店で買ってください、そうすればポイントは付与されます。

これは意外と知られていないことなのですが、実はJRきっぷは駅以外でも買うことが出来ます。

大手の旅行代理店はJRきっぷを発券する機器を持っており、購入することが出来るのです。

だからポイント云々以前に、みどりの窓口が混んでいるとかJR駅が家から遠いという人は旅行代理店に行けば混雑してないし、立地によっては駅より近いということを覚えておくと便利です。(言うまでもなく、鉄道オタクはこのことをほぼ確実に知っています)

具体的にはJTB、日本旅行、近畿日本ツーリストならJRきっぷを取り扱っています。

ただし、HISは大手旅行代理店ですがJRきっぷを取り扱っていないので注意しましょう。

ではここで証拠画像をお見せします。

私は以前にJR東海管内できっぷを買う場面があったのですが、旅行代理店は企画乗車券は取り扱っておらず、それはみどりの窓口で買うしか無いとのこと。

故に私はきっぷはJTBで、企画乗車券はみどりの窓口で購入ということをしました。

その時のKyashの明細がこちらになります。

1枚目はJTB、2枚目はJR駅のみどりの窓口です。

f:id:Germii:20191214032642p:plain

 

f:id:Germii:20191214032659p:plain

どうでしょう。上のJTBの明細は赤い丸で囲った通り確かにポイントが付与されているのに対し、JR東海ではポイントが対象外となっています。

このようにみどりの窓口でKyashを使っても還元が受けられないのに対し、JTBのような旅行代理店で買うことでポイントをゲット出来てしまうので、これは覚えておいて損はありません。

ちなみにですが、JRきっぷは旅行代理店のみならず大学の生協でも買えます。そこに関してはポイント還元されるかどうか未確認ですので、大学生で実験してもいいよという方は一度少額のきっぷでも買って実験してみるのもありかもしれません。

 

なるべくみどりの窓口を使わないで欲しい。本当に必要としている人が待たされるから

あとこれは蛇足になるのですが、これからJRはみどりの窓口を減らし、みどりの券売機やネット予約にシフトさせたがっています。

みどりの窓口は駅員の無駄な業務を増やすので、コスト削減をしたがっているのです。

券売機やネット予約で済む用事であれば、出来る限りそちらを使って欲しいとJRは考えています。

そうしないと、駅員の業務の負担軽減もありますが、本当にみどりの窓口でしか対応出来ないことをやってもらいたい人が無駄に待たされるのは可哀想です。

皆様も一度は見たことが無いでしょうか。みどりの窓口には長蛇の列が出来ている一方で、その隣の券売機はガラガラという光景を。

どうしてもわからないから窓口で対応して欲しい場合は、旅行代理店に行くことをおすすめします。

絶対にみどりの窓口より旅行代理店の方が空いているはずですし、そうやってある程度分散すればみどりの窓口の混雑も解消されるはずです。

 

みどりの券売機、ネット予約、旅行代理店。このいずれかを利用すると、みどりの窓口の長蛇の列に並ぶことなくスムーズにきっぷを購入出来ますので是非実践してみてください。

一人一人がこれを心がけることで、JR、待ちたくない客、みどりの窓口利用者の全員がウィンウィンになれますので。

(ちなみにネット予約というのは具体的に言うとえきねっと、モバイルSuica、スマートEX、エクスプレス予約、e5489とかそういうやつです。)