YOLOしく我が人生

躁鬱、不眠症、発達障害のせいでニートだったけど、ブログで文章力鍛えて自己研鑽、新しい生き方を模索したいミレニアル世代のブログ。徹底した合理主義者

【まだ現金なんか使ってるの?】キャッシュレス還元政策のおかげで日本は脱現金の流れ!

   

思えば2019年はキャッシュレス元年となるだろうと多方面から言われ、官民一体となって今日本はキャッシュレスの推進に取り組んでいます。実際2019年は本当にキャッシュレスが一大テーマだった年だなとしみじみ思います。

頭の悪い現金主義者は

  1. 「災害時に無力だ~」
  2. 「日本ではニセ札が少なく現金の信用度が~」
  3. 「クレジットは借金だし不正利用が怖い~」
  4. 「個人情報が筒抜けで行動を大企業に握られたくない~」

などとアホな主張をしているようですが、そのような抵抗虚しくキャッシュレス決済率は順調に上がり続けています。

ネットを見ていて現金派の頭の悪い主張を見ていると本当にイライラしますね。ちなみに上記の主張に反論しておくと…

  1. 滅多に来ない未曾有の大災害まで想定していたら人間何も出来ない。いつ来るかわからない災害より優先すべきはより良い社会づくりに寄与するキャッシュレス推進。
  2. 現金の信用度がいくら高かろうとキャッシュレスの方が圧倒的に便利なのだから、利便性を捨てるための主張として弱すぎる。
  3. クレジットはただの後払いであり借金では無い。後払い=借金だというなら、飲食店や美容院、病院など後払いのサービスは全て借金ということになる。不正利用が発生する確率も極めて低く、起こったとしても保証される。
  4. GAFAのサービスを利用している時点で膨大な個人情報をGAFA企業に抜かれている。また、LINEやSNSは個人情報を自ら発信しているようなもの。個人情報を気にする癖にGAFAのサービスやSNSを多用するのは行動が矛盾している

 

まぁこのような感じですね。私はとにかく現金決済を憎悪するキャッシュレス主義者ですので、日々現金派の頭の悪い主張にはこのように全て論破出来ます。

キャッシュレスに関して私は完璧な理論武装を施していますので、どんな現金主義者も私を論破することは不可能だと断言しておきます。

頭の悪い現金主義者の主張は、5chやツイッターやヤフコメで付き合ってたらきりがないからこうしてブログで好き勝手書くことにします。

そもそも時代の流れとしてキャッシュレスはもう止められないので、現金主義を貫くということは完全に時代に逆行し、国の足を引っ張っていることを意味します。

キャッシュレス=正義 現金=悪 なのでございます。そこを忘れないよう。

スポンサーリンク

 

キャッシュレス還元が終わる2020年7月以降もキャッシュレスを使うという人が増えている

唯一の懸念点だったのは、政府によるポイント還元が行われているうちはキャッシュレスを利用しても、それが終わってもキャッシュレスを利用し続け、生活の一部として定着するかどうかです。

これに関しては上記のURLにも記載されていますが、電通の調べによると8割以上の人々が「これからもキャッシュレス決済を続けていきたい」と回答しています、これは大変素晴らしいことです。

QRコード決済がキャッシュレス決済率を後押ししたことも大きいです。PayPayや楽天ペイなどの人気アプリがお得なキャンペーンを打ち出し、使わにゃ損とばかりに多くの人が使っています。

特に効き目が大きいのはコンビニの即時2%キャッシュバックでしょう。

ご存知の通り、コンビニはどんなツールでもいいのでとにかく現金以外の方法でキャッシュレス決済をすれば問答無用で2%安く買い物が出来ます。

本当に、コンビニで現金を使っている人を未だに見るのですが、あぁいう人達を見ると本当に信じられないんですよね。

コンビニで現金使っている人を見ると、「キャッシュレス決済すれば2%安くなるのに…どうしてこんな馬鹿な生き方が出来るんだろう??」と、心底軽蔑してしまいます。

あと、タピオカ店でPayPayが使えるにも関わらず現金を使っている女も見たことがあります。「君が手にしているスマホは何のためにあるんだい?」と思いましたね。

現金使ってる人って、電車乗る時もわざわざ切符券売機で切符買って電車乗るんですかね??

バスはもっと不便ですよ。お釣りが出ないように、ぴったりの小銭を用意せねばならないわけで、Suicaがあればそんな手間は一切無くなります。

 

日本人は学校で勉強をし終えたら、社会人になれば勉強をしないという人間が多すぎて困ります。大人になっても日々勉強です。

私自身、クレジットカードを持つようになってからキャッシュレスというテーマについて強い興味を示し、かなり勉強をしました。勉強は苦痛なものではなく、人生を豊かにします。

とりわけ、お金に関する勉強は大人だからこそした方がいいです。

何故なら親の庇護の下で生きていて、自由に使えるお小遣いが限られる未成年はお金について勉強する必要性は薄いです。

しかし社会人になると多くのお金を手にします。だからこそキャッシュレス、金融、投資、税制度などお金に関する勉強は絶対にするべきなのです。

お金の勉強をしないせいで生活が豊かにならないのだとしたら、それはその人の自業自得となるでしょう。