YOLOしく我が人生

不眠症と発達障害のせいでニートやってるけどこのままじゃいけないと思い立ち色々頑張ってる精神障害者のブログ

ブログが持つ、ツイッターには無い魅力と長所

 私がブログを開設することを決めたのは既に書いた通り、ウェブライターとしてやっていく上でライティングスキルの向上に繋がるからとかブログ執筆経験があるとライターとして有利とか書きましたが、もちろん個人ブログを持とうと思った理由は他にも幾つかあります。今回は改めてブログの良さ、そしてツイッターとの違いを考えていきましょう。

高校生でブログを書きmixiへ


そもそも私は、高校生の時に仲の良い友達同士で楽しむためにブログこそ書いていたものの大学生になってからは辞めてしまいました。その後SNSの台頭で日本国内においてはまずはmixiが先陣を切りましたが、あれも私は一応やっていたのですがしばらくして飽きてやめましたね。

コミュニティに参加して、時々オフ会に参加してそれはそれで楽しかったのですが、結局一生モノの友達を作ることは出来ませんでした。そこからしばらく自己表現の場というものを持たずにネットで過ごしていました。2chもあまり積極的な書き込みはせずROMが多かったですし。

ツイッターとの出会い

そんな中突如として日本中を席巻しあっという間に我々にとって無くてはならない存在となったツイッターがやってきました。ネットばかりしてる私はこの手のネット上の新しいサービスやプラットフォームを見つけるのは早く、ツイッターも結構初期から知っていたのですが、使い方や面白さがわからずしばらくスルーしました。何せ140文字という短文を投稿するだけのサービスですからね、それの何が面白いんだと最初に思うのは仕方のないことです。

しかしある日、たまたますごく退屈していたのとネット上の様々な人達と交流したいという二つの欲求が合致し、ツイッターを本格的に始めてみることにしました。

するとコツを掴み、似た趣味の人で相互フォローを固め楽しいツイッターライフの地盤を形成していきます。これにより毎日が便利で楽しくなりましたし、ツイッターは毎日面白い情報や出来事、フレッシュなニュースが洪水のように流れ込んでくるので有益でした。

完全に情報収集と自己表現の場という二つの点で無くてはならないインフラとなりました。当時は1日100ツイートは絶対するみたいなよくわからん縛りを設けて廃人気取りみたいなことをしていましたね…今じゃそんな気力無いです。

ツイッターに対する飽き、そして凍結


1日100ツイート縛りをしばらくやり続けていた私でもやがては熱が冷めてきます、1日のツイート数は減っていきました。

それでも欠かさずやっていたわけですが、著しくユーザ数が増えモラルの低下を危惧したツイッター社はユーザに対する締め付けを強化していきました。今ではすっかり丸くなった私も昔は精神的な幼稚さがあり、ツイッターでイキっていた時期がありました。

そして、過去の未熟だった頃の発言を理由にずっと大切に使い育ててきたメインアカウントが永久凍結されてしまいました。どの部分がいけなかったのかをツイッター社に異議申し立てをしたのですが、返ってくるメールは機械的で事務的でとにかくポリシー違反があったとか規約違反という文字を羅列するのみ、私の何がいけなかったのかを頑なに教えてもらえずもう諦めました。

恐らく冗談半分で言った単語が禁止表現に引っかかったのかと推測しています。新しくアカウントを作り直しましたが、メインアカウントの永久凍結がショックで私は急速にツイッターに対する情熱が無くなっていき、今ではポリシー違反に抵触しないよう穏やかに、そしてひっそりとツイッターを見ています。

 

今更痛感するツイッターの非生産性、そしてブログへ移行


ツイッターを熱心にやっていた頃は楽しかったです、あの頃が無駄な時間だったとは思いません。今でもツイッターは情報収集・拡散のインフラとして大変便利なツールであると評価しています、しかし生産性には欠けると思います。何故ならツイッターはどれだけフォロワーが多くて影響力のあるユーザになってもマネタイズは出来ないのです。

アルファツイッタラーと呼ばれる存在がよく居るでしょう、フォロワーが数万人居てYouTuberでもゲーム実況者でも無いのにそれなりの影響力がある人。そんな人達でも、ツイッターで一定の地位を得ても自分には一銭も入らないのです。何万リツイートもされて、有益な情報拡散にどれだけ寄与してもお金は貰えません。

しかしブログは違います、広告を貼り付けたりアフィリエイトを利用することでお金を生み出します。前述したように文章力も鍛えられます、140文字のツイッターばかりやっていても長文を構成する力が身につきません。今時の若者はツイッターばかりやってるせいで長文を書く機会に乏しいでしょう、大学のレポートくらいでしょうか。

昔の無法地帯だった頃のツイッターは好き勝手呟けたのですが、ポリシーが厳しくなった今ではツイッターに拘る意味は薄くなってきました。もちろん元から私はポリシー違反をするつもりなど無いですが、どうせ品行方正にやっていくなら諸々考えた結果ブログの方がいいじゃんということに気付いてしまったのです。

ブログが持つツイッターに無い優位性


前述したようにブログは長文を書けるので文章力や長文を構成する力が身につき、多くの情報量を詰め込めます。

また、もう一つ重要な点は今まで投稿したコンテンツの管理のしやすさだと思います。ツイッターは廃人だと1日200とかそれ以上呟きます、短文だからその分投稿量が極めて多い。長くツイッターをやっている人の総ツイート数は数十万を超えている人も少なくありません。そうなってくるともう自分でも何を呟いたか覚えておらず、ツイートの管理が極めて困難になってくるのです。西暦何年の何月何日にはこういうことを呟いたとか遡るだけでも大変骨の折れる作業です。

一方、ブログは投稿量が少なくせいぜい1日一記事とか数記事ではないでしょうか。ですので管理が非常に楽ですよね、検索も楽で目当ての記事はすぐ見つかります。そして先程も申し上げたようにマネタイズ出来るということも強みです。私もブログを持つようになったのは、ツイッターとブログどちらに注力すれば自分の人生において有益かを勘案した結果です。

そして、ブログの最大の強みはツイッターのツイートと違い資産化することだと思います

ツイッターユーザを敵に回すようで申し訳ないのですが(汗)ツイッターが無駄だとは思いません。むしろツイッターにはツイッターにしかない強みがあります、しかしあれは情報の拡散・収集・告知に特化したツールだと思うのです。それでついでに他者と交流をすることが出来る、人と緩い繋がりを持てるSNSです。

しかしたった140文字の短文ツイートを何十万と細切れに呟いても、それは長くツイッターをやってきた証拠やステータスになるだけで資産にはならないと考えます。ブログは記事を書けば書くほど資産化します。ドメインパワーも上がっていきますし、読者やファンが付けばある程度のマネタイズも狙えます。

まぁこれだけ言っておきながら私はツイッターアカウントも開設していますが、あくまでこれはブログ更新告知の意図が強いですね。最近の若い方はフィードリーダよりツイッターで更新情報をキャッチする方も多いのでそういう層のために開設しています。告知以外にも何か呟くかもしれませんけどね。

終わりに


ダラダラと書いてきましたが、要点はツイッターには愛想が尽きた、ツイッターは資産化出来ないがブログは資産化される、これから私は自己表現の場をブログに移す、この三点です。ブログ記事を下書きしている時、結構楽しいですよ。どんな文章構成にしようかとか、どんなことを伝えようかとか考えるの。ブログには字数制限も貼り付ける画像の枚数制限もありませんからね。