YOLOしく我が人生

不眠症と発達障害のせいでニートやってるけどこのままじゃいけないと思い立ち色々頑張ってる精神障害者のブログ

青春18きっぷはお得過ぎるので毎シーズン必ず買っています

 前回の記事で鉄道に関する記事を書きました。その際は長くなるので別記事で書こうと思っていたことですが、旅行が趣味の私は毎シーズン青春18きっぷのシーズンになると必ず1枚購入し、交通費を節約しながら賢く旅行しています。割と有名だと思われるこの青春18きっぷ、意外と知らない方もいらっしゃいます。

青春18きっぷは恐らく最も安価に長距離を移動出来る手段であると思われますので、これ1枚は11,850円しますが、こんなお得な切符逆に買わないと勿体無いと思ってしまうので旅好きの私は毎シーズン絶対買ってしまうんですよね。

 知らない人のために青春18きっぷの説明

年齢制限は無し、心が青春なら誰でも買える!

青春18きっぷというのはJRの全線に丸1日乗り放題になるという大変お得な切符です。青春18と銘打っているので18歳までしか買えないようなイメージを抱きますが、年齢関係なく何歳であっても購入することができます。長方形の形で自動改札に入れても通らないので有人改札を通る必要があります。その際に今日の日付が書かれた判を押してもらい、下車する時は同じように有人改札で切符の判の日付を確認してもらうことで駅の改札を出られます。1日乗り放題である上に途中下車も何度もし放題なのです。

値段とルール

お値段は1枚11,850円で5箇所に判を押す所があります、すなわち11,850÷5=2,370、1回2,370円で1日JR全線に乗り放題です。ただしこれだけお得なのですから当然制約があります。一番の制約は乗車券のみで乗ることが出来る列車にしか乗車出来ないというものです。つまり別途特急券が必要な在来線特急や新幹線に乗ることは出来ません。たまに各駅停車の列車にしか乗車出来ないという誤解がありますが、快速や新快速などの特急券を必要としない優等列車には問題なく乗車する権利があります。普通電車ではなく「乗車券のみで乗ることが出来る」とわざわざ表記したのは、そういう事情によるものです。新幹線にも特急にも乗れないので、劣悪な環境である通勤列車を長時間我慢して乗る必要があるためかなり過酷ですが、どこまで行っても2,370円だし目的地まで到着した時の達成感は計り知れないものがあります。18きっぷシーズンに大きな駅に行くと結構18きっぷを持った人は見かけます、やはりみんな金銭的にお得なものはちゃんとよく知ってるということですね。

新幹線、在来線特急乗車に関して

青春18きっぷがあればJR全線に乗り放題なので、これに特急券を買い足せば新幹線や在来線特急に乗れるという誤解もありますが、残念ながらそれは出来ません。この場合は所定の乗車券と特急券を両方購入する必要があります。なぜ乗車券も購入する必要があるのかというと、18きっぷは定義上は特別企画乗車券であって正規の乗車券ではないからです。青春18きっぷ旅行のコツとして、鈍行の本数が少なかったりスムーズな乗り継ぎをするために特定の区間を特急や新幹線に乗って合理的な移動を図ることがあります、こういう行為はワープという用語を用いるのですが、このワープをする際は特急券だけでなく乗車券も購入せねばならないことは注意してください。鈍行だけで行けば他に余分なお金がかからないだけになんだか損をしたような気分になるかもしれませんが、場合によってワープに頼らざるを得ない状況というのもあります。

日帰りにも宿泊旅行にも、とにかく2,370円以上乗ればお得

日帰りの場合

青春18きっぷは1回あたり2,370円です、日帰りということは往復ですので片道料金が1,185円以上なら元を取れる計算になります。東京起点で考えるならば小田原まで行って帰ってくるだけでも元は取れていますね。東京小田原間は片道1,490円です。

宿泊の場合は行けるところまで乗りまくれ!

当たり前の話なのですが、青春18きっぷの使われ方で一番多いのは東京~大阪間の移動です。理由は首都圏と関西圏の都市圏人口が多いので、首都圏の人間が名古屋、京都、大阪へ遊びに行くケースと、関西や東海地方の人間が東京に遊びに行くケースが多くなるので、必然的に青春18きっぷ利用者は東海道本線を往来するケースが極めて多くなってきます。

東海道本線は大動脈的な存在ですし、本数も多いですので青春18きっぷ初心者の旅程にもってこいの路線です。東京を起点に考えると、頑張れば広島くらいは行くことは可能です。6時前の列車に乗って20時半頃に到着し、所要時間は14時間40分、正規料金の乗車券は11,660円だそうです。東京から広島まで11,660円が2,370円で行けると考えれば、すごいと思いませんか?

 

肉体的にも精神的にもキツい、でもお得でやめられない

青春18きっぷによる鈍行列車の旅行は本当に大変です。遠くまで行こうと思えば朝早くに起きて長時間電車に乗る必要がありますからね、しかもそれは乗り心地の良い特急列車ではなく普通の通勤列車であり、多くの一般利用客が居ますしストレスや退屈との戦いが待っています。しかし、目的地に到着した時にはそれはもう何事にも代えられない達成感がありますよ。何せどれほどの遠距離であろうと2,370円でそこへ辿り着いたんですからね!(←くどい)

青春18きっぷの利用期間は決まっている

さて、青春18きっぷは学生の長期休暇に合わせて春、夏、冬の3シーズンに発売され、販売期間と利用期間が決まっており、これは何年経っても例外なく変わりません。

(春季):発売期間:2月20日~3月31日
利用期間:3月1日~4月10日
(夏季):発売期間:7月1日~8月31日
利用期間:7月20日~9月10日
(冬季):発売期間:12月1日~2月31日
利用期間:12月10日~1月10日

となっております。冬の18きっぷは見ていただければわかりますが、利用期間がちょうど1ヶ月で最も短いので注意が必要です。計画的に、急いで使わねばなりません。

また、真冬ということもありかなりタフな旅行となるでしょう。始発列車で行こうものなら極寒はもちろんのこと、太陽もまだ昇っておらず暗いですからね。

夏は夏で暑く、汗をかくので持ち歩く着替えの量が増えたり、熱中症対策が求められます。しかしながら観光シーズンであるため利用期間が最も長く設定されているところが特徴です。

春が一番気候が穏やかで旅をする上では快適でしょうか。まぁ3/1~4/10の時期はまだまだ寒いですけどね。

それにしても、青春18きっぷはハマってしまうと毎シーズン買ってしまうという人も多く、私も鉄道オタクというわけではないですがそのうちの一人となってしまいました。もちろん今回も購入し色々楽しんでいきたいと思います。

青春18きっぷのファンは18きっぱーとか呼称があるわけですが、18きっぱーの性ですね、18きっぱーは18きっぷを中心に生きていて、18きっぷの利用シーズンを楽しみに生きていると言っても過言ではありません。

皆様も一度買ってみて、交通費を節約してお得な旅をしてみませんか?