YOLOしく我が人生

不眠症と発達障害のせいでニートやってるけどこのままじゃいけないと思い立ち色々頑張ってるライフログ

日本国民と中国人観光客のためにQRコード決済の普及は急務だ

 

f:id:Germii:20181204194552j:plain

キャッシュレス推進が叫ばれる今、一つの大きな流れが来ています。中国で主流となっている2つのQRコード決済サービス、AlipayとWeChatPay。これを日本でも使えるようにして中国人観光客の利便性を向上させようと、日本のQRコード決済サービスとの提携が始まります。AlipayはPayPayと、WeChatPayはLINE Payと提携します。

これにより、より一層日本国内においてQRコード決済の普及が増進されることを期待します。PayPayやLINE Payが日本国内において広く普及すれば、日本人と中国人観光客双方にとって利便性が増すことになるので大変良いことでしょう。

中国では支払いのほとんどをQRコード決済のAlipayとWeChatPay、クレジットでは銀聯に頼っており、決済のキャッシュレス率がかなり高いです。日本は中国人観光客がかなり多く、彼らのインバウンドを狙う上でも中国人に便利な社会にすることは絶対必要な施策であり、そのためにはAlipay,WechatPay,銀聯カードが使える店を増やす必要があるでしょう。事実、都心部や観光地では銀聯が使える飲食店や土産店は割と多いですよね。

なぜ今更QRコード決済なのか?

日本におけるキャッシュレスと言えばクレジットカードか、非接触ICカード技術形式のFelicaが一般的であり、QRコード決済はあまり普及していません。日本において電子マネーはもっぱらFelicaであり、Suica、WAON、nanaco、楽天EDYなどを用いる方が多いかと思われます。

現状ただでさえ規格が乱立している今の日本でなぜQRコード決済を導入する必要があるのでしょう。QRコードはFelicaに比べると少し決済に時間はかかります、しかしQRコードはFelicaに比べて導入コストや手数料が圧倒的に安く、店側の負担が小さいのです。それすなわち、キャッシュレスの普及促進の足がかりとなるでしょう。また、FeliCaが付いていないおサイフケータイ非対応のスマホの方でもスマホ決済出来るのがこのQRコード決済の強みでもあります。

日本では残念ながら小規模な個人店ではまだまだ現金しか使えない店が極めて多いです。しかしせめてQRコード決済だけでも出来るようになると、キャッシュレス化への追い風になることは間違いありません。

PayPayの還元サービスも始まり盛り上がりを見せる

PayPayが総額100億円を還元するという太っ腹なばら撒きキャンペーンを敢行することは前から大々的に報じられていたのでご存知かと思われますが、解禁日の今日、早速消費者達はこぞってPayPay決済での買い物を楽しんでいたようですね。アクセス集中で不具合もあったと報告もあります。PayPayの普及がどこまで進むか楽しみです、利用可能店舗が日本全国で大幅に増えたなら、私も使おうと思います。私は現状Apple Payだけで満足しているのでQRコード決済は様子見ですが。

スポンサーリンク

 

これからはキャッシュレスの時代、どこまで国民の意識が変わるか

日本は本当にキャッシュレス率が低く、脱現金は国としても喫緊の課題です。キャッシュレスを進めることにより、消費者側としても利便性が増して多量の現金を持ち歩く必要がなくなるというメリットを享受することができます。また国としても脱税やマネーロンダリングの防止に繋がりビッグデータを取得でき、店側は現金管理のコスト削減や釣り銭の計算ミスを防ぐことが出来ます。

ご存知でしょうか、日本には到る所にATMがあり気軽に現金を引き出せますが、ATMの年間維持費は約2兆円です。日本は現金ばかり使うせいで毎年2兆円もの無駄金がかかっているのです、キャッシュレス化が進めばこのATM維持費は大幅に削減出来るのに…こんなこと断じてあってはなりません!

また、来年の増税に伴いキャッシュレス決済をすればポイント還元がされるということで、出来うる限りキャッシュレス決済をすればポイントが返ってきてちょっとお得な生活が出来ます。

私は、現金しか使えない店では仕方なく現金で支払いますが、クレジット・電子マネーが使える店では絶対にそちらを使います。私はコンビニで最後に現金決済した日が何年前だかもう思い出せません。私はコンビニは常にApple Payですね。財布を持っていかなくてもiPhone一台持っていけば決済出来るのは本当に楽で便利です。

ネット上ではよく、「コンビニで現金決済する人ってなんなの?」みたいな意見が散見されますね。そりゃそうでしょう、コンビニはほぼ全てのクレジット、電子マネーが使用出来るのですから。支払いもスムーズですし、ポイントも付くので現金で支払う必要性が全く無い。更に現金で小銭ジャラジャラさせて、まごまごしていたら時間がかかって列を作っている後ろの人にも迷惑ですからね。現代人ならスマートに電子マネーでピッとタッチして決済終わり!コンビニで現金は本当にあり得ないことだと思っています。

現金を使ったら損、使ったら負けという社会を作らねばならない

キャッシュレスにはデメリットが無いわけではないでしょう、しかし絶対にメリットの方が上回っています。国がキャッシュレスを推進するのは、メリットとデメリットを天秤にかけてメリットの方が大きいと判断したから今こうして施策を考えているのです、その最たる例が増税後キャッシュレス決済ならポイントを還元するというものです。

同じ金額を支払うなら、ポイントが返ってくるキャッシュレスの方が得に決まってます。現状でも私は還元率1%のクレジットカードを使っていますが、同じ1万円の決済でも現金は何も返ってこないのに対しクレジット決済なら100ポイント返ってきます。たかだか1%ですが、塵も積もればなんとやらです。

話の最初を振り返ると、今LINE PayやPayPayが勢いを付けているというところです。今後ますますキャッシュレスは進んでいき、諸外国に比べて遅れたキャッシュレス率をなんとか引き上げようと国は最大限の努力をします。私としても頑として現金決済はしたくないので、なんとか日本のキャッシュレス化が進むことを心から願っております。それが巡り巡って全ての国民にとって有益となるのです。