YOLOしく我が人生

不眠症と発達障害のせいでニートやってるけどこのままじゃいけないと思い立ち色々頑張ってる精神障害者のブログ

同性愛者は左利きやAB型と同程度に存在する。LGBT差別断固反対!

 LGBTへの関心が年々高まってきましたね。以前では新潮社の出版する雑誌である新潮45で、杉田水脈議員の寄稿文が「LGBTには生産性が無い」というとんでもない差別発言をして大炎上し、休刊になりました。

全くもって許されざる発言です、私はLGBTの差別は絶対に行ってはいけないものだと考えております。いえ、これは一個人の感想とかではなく人間として決してやってはいけない禁忌なのです。なぜLGBT差別は駄目なのか?今日はそのことについて書いていきます。

同性愛は性的指向であり性癖ではない

私には、LGBTに関して2つの許せない勘違いがあります。まず理解せねばならないのは、LGBTというのは性的指向であって性癖ではありません

よく5chに「LGBTを認めるなら小児性愛も認めろよ」などという的はずれな書き込みがあります。小児性愛は単なる性癖です、そこを混同している人間が多すぎます。

もう一つ、同じ読みだからか性的指向性的嗜好を混同している人間が多すぎるのです。指向と嗜好、どう違うかおわかりでしょうか。

嗜好というのは嗜好品の嗜好です、つまり自分の好みの傾向です。つまり性的嗜好というのは性癖と同義だと考えて構いません。先程申し上げた小児性愛も性的嗜好に属します、これは後天的なものです。

生まれつきその人は小児性愛だったわけではなく、成長していくうちに小児性愛になったに過ぎません。それを同性愛と同列に語るなど全くもって馬鹿馬鹿しい話です。

そして、同性愛は性的指向であり性癖ではありません。これくらいの基本的な知識、いい加減頭に入れてほしいものです。しょっちゅう池上彰のTVとかネットで見るでしょう?

 

同性愛は先天的なもの、先天的なもので差別されてはいけない

差別に関して何事にも言えるのですが、我々は人間の先天的な要素で不当な差別をしてはいけないのです。それは人種、民族、肌の色、宗教、先天性疾患、障害、性別など、生まれた時に既に備わっている要素で自分の力では変えられない、どうしようもないもので不利益を被るようなことはあってはなりません。

そして同性愛というのは、性癖ではなく先天性のものでありこれは変えられないものなのです。この異性を好きになるか同性を好きになるかが性的指向というものなのです。

人間は9割以上が異性愛者ですが、1割程度同性愛者が先天的に生まれてきます。これは性癖ではなく間違いなく生まれつきのものであり、自分ではどうしようもないものです。ですので同性愛差別は決して許されないことなのです。

例えば、我々異性愛者が「同性を好きになれ」と言われてもそんなこと絶対にできませんよね?それと同じで、同性愛者が異性のことを好きになることは絶対にできないのです。

同性愛者なんて周りに見たことがないと言われるが

先程同性愛者を含めてLGBTの割合は1割程度と言いました、これは結構多い割合です。しかし周りにそのような人は見たことがないという方がほとんどではないでしょうか。

これは単に、自分が同性愛者だとカミングアウトしていないから認知出来ていないだけなのです。

同性愛をカミングアウトすることは大変に勇気の要ることです、家族関係や友人関係が壊れかねません。そう考えると、どうしてもカミングアウトは出来ないのでしょう。

人間で1割というと、左利きやAB型とほぼ同じ割合

同じ1割でも、左利きやAB型の人はそこらじゅうで見かけることが出来ますよね?左利きもAB型もなんら恥ずかしいことではなく、差別や偏見の目で見られないから結果として多く見ることが出来るのです。(もっとも左利きは昔ぎっちょとか言われて矯正されてきましたが)

おわかりでしょうか。同性愛者は、左利きやAB型と同じくらいの確率で社会に溶け込んでいるのです

LGBTの方々は生きていく上で多大なる苦痛を強いられます、隠し通すことも苦痛ですし、異性愛者が当たり前のように出来る恋愛もなかなか出来ません。

ありとあらゆる人間が別け隔てなく生活しやすい社会を作っていかなければならないのです。その中で、たまたま生まれつき性的指向が異性ではなく同性に向いてしまったというだけで不利益を被り生きる上で苦痛や余計な心労が加わるようなことがあっては決して駄目なのです、それは絶対にに良い社会とは言えません。

私は圧倒的多数派の異性愛者です。少数派である同性愛者は、多数派である我々異性愛者が配慮し守っていかなければならないのです。

 

気持ち悪いというだけの理由で排斥する社会は間違っている

確かに異性愛者からしてみれば同性愛者は気持ち悪いという価値観は存在します、その気持ちがわからないわけではありません。

しかし、同性愛者は日々ひっそりと、誰にも迷惑をかけずに生きています。同性愛者が同性同士で恋愛をしたところで、我々になんの不利益があるのでしょうか?

何も無いはずです。これはオタク蔑視なんかにも同じことが言えると思うのですが、気持ち悪いというだけで社会から排斥しようとするのは健全な社会だとは言えません。世の中には様々な人間が居るのですから、互いを認め合うべきです

同性愛者は子供が産めないから生産性がないという的はずれな意見

それで、同性愛に関する話題になると必ずこの意見が出ます。これは杉田水脈議員の発言と概ね同じで、「同性愛は子供を産むことが出来ないから生産性がない」というものです。

これが全くわからないのですが、ならば異性間で結婚しても敢えて子供を持たない夫婦、子供を作りたかったが子宝に恵まれなかった夫婦、人間の子供ではお金がかかるので敢えて犬猫を飼う夫婦も大勢いらっしゃるわけですがそれはどうなのですか?

そうした方々にも生産性がないと差別的な言葉を浴びせるのでしょうか?

杉田水脈議員の発言に対して安倍総理も言及していましたが、安倍夫妻も子宝に恵まれなかった方々であり、そのことを悲しんでいました。杉田水脈議員は間接的に安倍総理を侮辱したことにもなるのです。

このように、なぜ異性間で子供を産まない夫婦には批判が向かないのに対して同性間カップルでは子供が産めないことを非難されなければならないのでしょうか?

誰一人として同性愛者を嫌悪する人達は、皆感情論ばかりで合理的な批判が出来ている者をこれまで見たことがありません。

そもそも同性婚でも養子縁組という選択肢がある

確かに子供を産むことは出来ないが、養子縁組制度を利用すればいいだけのことでしょう。そうすれば少なくとも、施設で暮らしている身寄りのない不幸な子供を助けることは出来るはずです。

一人でも多くの子供が幸せな家庭の中で成長出来るなら、それは素晴らしいことなのではないでしょうか。

以上のことから、私は断固としてLGBT差別に反対し、LGBTに対する人権侵害を非難します。私は異性愛者で直接的に人生に関係はありませんが、それでも日本でも一日でも早く同性婚が認められる日が来ることを、心から願っております。