YOLOしく我が人生

不眠症と発達障害のせいでニートやってるけどこのままじゃいけないと思い立ち色々頑張ってる精神障害者のブログ

浅村選手が楽天に移籍したのは驚きましたが意思は尊重すべきでしょう

   

FA宣言をしてどこへ移籍するのか注目されていた埼玉西武ライオンズの浅村栄斗選手ですが、楽天イーグルスへの移籍が決定しましたね。

正直驚きました。何せ首位チームから最下位チームへの移籍ですので、決め手はなんだったのだろうかと思ってしまいます。この報道が発表される少し前に、ソフトバンクホークスへの移籍を断っていたので、これで西武残留か楽天移籍かのどちらかという目で見ていたところでこの報道です。

ソフトバンクは確かに資金が潤沢ですので金銭面では条件が良いのかと思われますが、それを蹴るということは単に金銭だけの問題では無いのでしょうかね。大阪出身で、関東の球団でずっとやってきた人間です。縁もゆかりも無い福岡に拠点を移すことにはやはり躊躇いがあったのでしょうか。

楽天に移籍した決め手は何か

縁もゆかりも無いと言いましたが、それは仙台市も同様です。ただ違うのは、楽天には元西武の石井一久GMや同じく元西武の渡辺直人選手、岸孝之選手が在籍していることですよね。渡辺直人選手と浅村選手は仲がよく、浅村選手にとって渡辺選手は良い兄貴分だと聞いております。楽天もまた資金は潤沢で、契約の条件の良さ+渡辺直人選手がチームメイトであるということが楽天移籍を決めたのでしょうか。

楽天は野球にせよサッカーにせよ本業のITビジネスにせよ、多方面でお金をよく使ってらっしゃるので今後の楽天はスター選手をFAでどんどん補強したりメジャーリーガーを引っ張ってきたりしてきたり色々と期待が持てますね。(個人的に楽天は楽天銀行を使ってるくらいで楽天カードは持っていませんし楽天で通販しないのであまり楽天の恩恵って得られていませんが…。)

一度楽天生命パークに行ったことがあるのですが、ボールパークを打ち出していてとても楽しい球場でしたね、あれは野球に興味の無い女性や子供でも楽しめるはずです。三木谷社長は良くも悪くも西洋かぶれなところがありますので、その西洋かぶれがいい方向に働いてると思っています。その結果があの内外野総天然芝のボールパークですので、あそこまで球場に資金を投入してくれるのは素直に球団としては感謝の一言でしょう。やはり野球は美しく、選手の膝への負担が少ない天然芝が一番ですからね。

本拠地が天然芝で膝への負担が少ないことも、浅村選手の楽天移籍の決め手の一つではないでしょうか。彼は膝が悪く試合状況に応じては交代して休ませることもたまにありました。

2017年シーズンではセカンド浅村、ファーストメヒアというスタメンで守備固めをする時、メヒアが下がってファーストに浅村が回り、セカンドにはライトを守っていた外崎が移り、空いたライトには木村文紀を入れるという采配が多く見られました。

 

西武は相変わらず毎年のように選手に逃げられる

一方で屈指のスラッガーである浅村選手に逃げられた西武としては非常に痛手であり、ファンも落胆していたり激怒していたりしている頃でしょう。西武はFAで移籍した選手が12球団で最も多い球団として知られており、過去に16人がFAで逃げられています。また、浅村選手だけでなく捕手の炭谷銀仁朗選手も出場機会を求めて巨人へ行くことが決定的という状況です。

何故西武はここまで毎年のように選手にFAで移籍されてしまうのでしょうか?よく言われている理由に金払いが渋い、球場(仕事場)までのアクセスが悪い、本拠地が春や秋は寒く夏は暑いなどが挙げられています。

実際のところの内情は選手当事者や関係者にしかわからないことも多いでしょうからファンがどれだけ推察しても答えを出すことは出来ませんが、だいたいこんなところでしょう。

アクセスの悪さが一番問題かもしれない

よく西武は同じパリーグのロッテと比較されます。ZOZOマリンもまた都心部からはそれなりに時間がかかり、最寄り駅の海浜幕張駅から少し歩かなければならないという立地の悪さがあります。しかし、ロッテが決定的に違うところは選手にとっては通勤は楽なのです。地図をご覧いただければわかるかと思いますが都心からZOZOマリンスタジアムへは首都高速湾岸線に乗っていけば簡単に海浜幕張に到着できます。ですのでロッテの選手は主に豊洲辺りに住んでいるとのことです。

一方で所沢のメットライフドームは千葉のような便利な幹線道路が乏しいです。所沢市の中心部ならともかく、ちょっと南に歩けばすぐ東京に越境出来るような山奥にメットライフドームはあります。主要な幹線道路は乏しく、道は狭いですね、ちょっと山奥であれは通勤がキツいですよね。我々一般人は何らかのイベントがある時にメットライフドームへマイカーで行くことは渋滞もあることから愚行であるとされており、電車で行くことを強く推奨されています。そう考えると、選手の皆さんはどのように通勤していらっしゃるのでしょうか。若手選手や有名で無い選手なら西武鉄道で電車通勤でもいいのかもしれませんが、スター選手ともなるとそうもいきませんよね。だからスター選手は移籍してしまうのでしょうか…。

今後のFA移籍に期待されること

浅村選手は楽天に行くことが決まり、次なる大物選手は前回も記事にした広島の丸佳浩選手ですね。こちらは広島残留、巨人、ロッテの3択かと思われますが果たしてどうなるでしょうか、要注目です。

関連記事

また、オリックスの西勇輝投手の去就にも期待です。阪神や中日が特に欲しがっているようですね。西投手は安定して試合を作れる先発投手ですので、先発の駒が不足している球団ならどこでも欲しいことでしょう。

さて、話を最初に戻すと浅村選手が移籍してしまうということで、私も西武は結構好きなので正直ショックですが抜けた穴はまた育てていくしかないでしょう。私はまぁそこまで熱狂的なファンでは無いので浅村選手の意思を尊重したいと思います。FAは選手が数年間頑張って得た権利ですので、より良い環境を求めて移籍するのはなんら否定されるべきではありません

西武はFA流出選手が多いですが、裏を返せばそれだけ育成力があるということですので。とりあえずセカンドは外崎選手が埋めて、ライトは木村文紀選手といういつもの形なんでしょうかね?

それに三塁手の中村剛也選手が高齢化してきていますので、早くサードの後継者を育てなければなりません。もちろん投手陣の再編も必須です、西武は投手陣がすこぶる悪いですからね、菊池選手もポスティングでメジャーに行ってしまうので先発ローテの編成にも頭を悩ませます。問題は山積みですが、今年CSで敗れてしまった悔しさをバネに来年は頑張ってほしいところです。